今年のテーマは守る・働く・楽しむ 「ジャパンキャンピングカーショー2022」2月10日開幕

「ジャパンキャンピングカーショー2022」が2月10日から幕張メッセ国際展示場で開催されます。300台を超えるキャンピングカーが集結する国内最大級のキャンピングカーイベントです。

今年のテーマは守る・働く・楽しむ 「ジャパンキャンピングカーショー2022」2月10日開幕
「ジャパンキャンピングカーショー2022」
今年は2月10日から開催

日本RV協会の調査によれば、キャンピングカーの国内総保有台数は2005年の約5万台から増加を続け、2020年には12万7,000台を超えたそう。販売総額では2020年には過去最高となる約582億円を記録したそうです。


2020年3月以降では新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3密を避けた移動や宿泊ができるキャンピングカーへの需要はさらに高まる傾向に。また、アウトドア需要に加えてテレワークや災害時の活用といったレジャー以外の用途でも注目を集めています。医療現場でも活用されるなどコロナ禍においてキャンピングカーの可能性はさらに拡大。このような流れを受け、今年のテーマは「守る・働く・楽しむ」。テレワークや防災など幅広い用途に応じた車両展示コーナー「コンセプト展示エリア」が新設されます。

 出展予定の車両(一部)

BADEN CASA HOMESTYLE EDITION(トイファクトリー)

2020年のキャンピングカー・オブ・ザ・イヤー大賞を受賞した車両。トイファクトリーのフラッグシップモデル「BADEN」に対し、ホームスタイルのエッセンスをプラスしています。

今年のテーマは守る・働く・楽しむ 「ジャパンキャンピングカーショー2022」2月10日開幕

車両タイプはバンコンで、乗車定員は7名。価格は636万円から。

今年のテーマは守る・働く・楽しむ 「ジャパンキャンピングカーショー2022」2月10日開幕

アンソニーライト(エートゥゼット)

固定タイプの広いバンクベッドと幅のある2段ベッド装備したファミリー対応モデル。インテリアコーディネーターが考案した3つのインテリアデザインを選択できます。

今年のテーマは守る・働く・楽しむ 「ジャパンキャンピングカーショー2022」2月10日開幕

車両タイプはキャブコン。価格は646万円から。

リゾートデュオ バス キング レグノ(Stage21)

日本一快適な軽キャンピングカーを目指したモデル。エアコンや電子レンジ、床暖房など充実した装備が特徴で、これら家電を稼働させるために200Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載しています。

今年のテーマは守る・働く・楽しむ 「ジャパンキャンピングカーショー2022」2月10日開幕

乗車定員は4名。価格は418万円から。

今年のテーマは守る・働く・楽しむ 「ジャパンキャンピングカーショー2022」2月10日開幕

TRIPIII(ダイレクトカーズ)

ソーラー発電のみでエアコン駆動を可能にしたキャンピングカー。ソーラーパネルは1,105Wの発電能力があり、レジャーだけではなく災害時にも活用できます。

今年のテーマは守る・働く・楽しむ 「ジャパンキャンピングカーショー2022」2月10日開幕

車両タイプはキャブコンで乗車定員は6名。価格は1,232万円から。

今年のテーマは守る・働く・楽しむ 「ジャパンキャンピングカーショー2022」2月10日開幕

開催概要

開催期間:2022年2月10日から2月13日
開催時間:
2月10日 11時から18時まで
2月11日 10時から18時まで
2月12日 10時から18時まで
2月13日 10時から17時まで
開催場所:幕張メッセ国際展示場1・2・3・4ホール
入場料
・前売券:大人(高校生以上)800円、小人(小・中学生)500円
・イベントガイドブック付前売券:大人(高校生以上)1,250円、小人(小・中学生)950円
・当日券:大人(高校生以上)1,000円、小人(小・中学生)600円
※未就学児無料 ※ペットケア費1頭500円/2頭以上1,000円

ジャパンキャンピングカーショー2022
ジャパンキャンピングカーショー2022
住所:千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
口コミ ランキング:海浜幕張駅