ヤマハYZF-Rシリーズに「YZF-R7 ABS」
YZF-Rシリーズのニューモデル「YZF-R7 ABS」発売

ヤマハは「YZF-R7 ABS」を2022年2月14日に発売する。また、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「YZF-R7 ABS WGP 60th Anniversary」を400台限定で3月14日に販売開始する。

ヤマハYZF-Rシリーズに「YZF-R7 ABS」
ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した400台限定の
「YZF-R7 ABS WGP 60th Anniversary」

「YZF-R7 ABS」は最高出力73PS、最大トルク67Nmを発生する688ccエンジンを軽量フレームに搭載したスーパースポーツモデル。MT-07の基本コンポーネントをもとに、最新スーパースポーツのスタイルとスポーティーなハンドリングを調和させ、幅広い技量のライダーがサーキットにおいて“扱いきれて楽しめるスーパースポーツ”を目指している。


主な特徴は、1.扱いやすく、スポーティーな走りをもたらすエンジン、2.センターブレースを搭載し剛性バランスを調整した軽量フレーム、3.フロント接地感に優れる倒立式フロントサスペンションと専用設計のリアサスペンション、4.量産モデル初採用のコントロール性に優れたブレンボ製・純ラジアルマスターシリンダー、5.スポーティーなライディングポジション、6.YZF-RシリーズのDNAを継承するスタイリングなど。

ヤマハYZF-Rシリーズに「YZF-R7 ABS」

扱いやすく、スポーティーな走りをもたらすCP2エンジン

2021年の「MT-07」と同一仕様のクロスプレーン2気筒(CP2)エンジンを採用。スーパースポーツらしいパワー感やタイトコーナーからの立ち上がり時のトルク感をより引き出すため、スロットルプーリーをハイスロットル化している。さらに2次レシオを「MT-07」の43/16=2.687から42/16=2.625へと最適化し、スポーティーな乗り味を実現した。

ヤマハYZF-Rシリーズに「YZF-R7 ABS」

「MT-07」系モデルでは初装備となるA&Sクラッチを採用。また「MT-07」系モデルとして初めてクイックシフターをアクセサリー設定している。

センターブレースを搭載し剛性バランスを調整した軽量フレーム

剛性バランスをチューニングした軽量ダイヤモンドフレームを採用した。「MT-07」と同じ基本骨格に、アルミ製のセンターブレースをリアアーム外側からピボット上下にリジッドマウント。各部の締付剛性を最適化してピボット周りのねじり剛性を向上し、また全体の剛性バランスをチューニングした。

ヤマハYZF-Rシリーズに「YZF-R7 ABS」

フロント接地感に優れる倒立式フロントサスペンションと専用設計のリアサスペンション

新設計41mm径インナーチューブの倒立式フロントサスペンションを採用。旋回時、制動時などでの良好なフロント接地感をもたらす。減衰力とばね定数を最適化し、車体挙動の分かりやすさ、ワインディング路やショートサーキットでの操縦性などを主眼にセッティングしている。

ヤマハYZF-Rシリーズに「YZF-R7 ABS」

リアはリンク式モノクロスサスペンションを採用。ショックユニットは減衰特性、ばね定数を「YZF-R7」用に専用開発した。また、新ディメンション採用に伴いリンクを調整することで「MT-07」同様の水平方向の配置でスペースの効率化を図り、マスの集中化とコンパクト化に貢献している。

ブレンボ製・純ラジアルマスターシリンダー

フロントにはコントロール性に優れたブレンボ製・純ラジアルマスターシリンダーを採用した。ローター径298mmのディスクに対向ピストン・4ポットのラジアルマウントキャリパーを組み合わせ強力な制動力を支えている。

ヤマハYZF-Rシリーズに「YZF-R7 ABS」

スポーティーなライディングポジション

ニーポケット形状が深いタンクカバーの採用など、スポーティーで伏せやすく、制動時のホールド性に優れるライディングポジションを設定した。

ハンドルはスポーティーなセパレート型で、ヒップポジションとフットレストの位置からバランスを図った絞り角/垂れ角を採用している。シート幅は細く、座面後方は広いためにポジション自由度があり、ワインディング路や高速道路、サーキットでのスポーツ走行まで、幅広い用途に配慮している。タンデムシートとの段差は、シートストッパー風の外観に貢献している。

YZF-RシリーズのDNAを継承するスタイリング

デザインコンセプトは“Skinny Proportion for Perfect Control”。スリムなエンジンは慣性モーメントが少なく、特に旋回時や切り返し時にそのメリットを感じられる。

また、前面投影面積を小さくすることで空気抵抗を低減。さらにエンジンに極力近づけてバンク角を確保するため、アンダーカバーはアルミ製とした。

加えて、ホリゾンタルラインを基軸とするシルエットや空力性能を最大化するエアマネジメントカウル、M字ダクトや2眼ポジションランプなど、「YZF-R1」が持つRシリーズとしてのスタイリングアイコンも継承した。

カラーバリエーションは「ディープパープリッシュメタリックC」と「ヤマハブラック」。メーカー希望小売価格は99万9,900円。「YZF-R7 ABS WGP 60th Anniversary」のカラーは「シルキーホワイト」で、メーカー希望小売価格は105万4,900円。

ヤマハYZF-Rシリーズに「YZF-R7 ABS」
ヤマハブラック