Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

1901年に英国で誕生したバイクブランドRoyal Enfield(ロイヤルエンフィールド)が、新型イージークルーザー「Meteor 350」の販売を11月中旬に開始する。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

「Meteor 350」は、1952年に発表されたロイヤルエンフィールドを代表するマシン「Meteor」の名を受け継いだモデル。ロイヤルエンフィールド伝統のスタイリングを継承しつつ、多くの初となる試みが取り入れられ現代に適したモーターサイクルとしてデザインされた。


Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

また「Meteor 350」には、ロイヤルエンフィールドのバイクとしては初めてナビゲーションシステムが標準装備されている。「ロイヤルエンフィールドトリッパ―」と名付けられたこのシステムはGoogleマップをベースとしてバイク用に最適化されており、目的地に到着するまでの最適なルートを表示する。「ロイヤルエンフィールドトリッパ―」はスマートフォンにロイヤルエンフィールドのアプリをインストールして、「Meteor 350」とペアリングすることで利用可能となる。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

「Meteor 350」概要

ドライブトレイン

最高出力20.2bhp、最大トルク27Nmを発生する349cc空冷単気筒エンジンを搭載。ロイヤルエンフィールド特有の“ドスン”というエンジン音は維持しながら、スムーズで快適な操作性をライダーに提供する。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

このエンジンと組み合わされたのは5速ギアボックス。経済的でストレスのない高速クルージングが可能だ。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

フレーム

ツインダウンチューブスプラインフレームを採用し、高速道路では安定感のある走りを、混雑した市街地では軽快な走りを実現する。

足元ではトラベル量130mmの41mm径フロントフォークと、6段階プリロード調整が可能なツインチューブエマルジョンリアショックを装備することで、確実なハンドリングと快適な乗り心地を実現した。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

ブレーキ:

ブレーキはフロント300mm、リア270mmのディスクとデュアルチャネルABSを装備。ロイヤルエンフィールドの単気筒モデルの中で最も高い制動力をライダーに提供する。

メーター

新しいメータークラスターを搭載。このメータークラスターは、アナログ式スピードメーターの持つ美しさと、走行に必要な情報を表示する液晶ディスプレイの機能性を兼ね備えている。ハンドルバーの下にはUSB充電ポートを装備しており、スマートフォンなどの充電に対応する。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

エディション

「Meteor 350」には「Fireball(ファイヤーボール)」「Stellar(ステラー)」「Supernova(スーパーノヴァ)」の3つのエディションが用意された。

ファイヤーボール

カラーバリエーションは「レッド」と「イエロー」の2色展開。単色のタンクカラーと、そのカラーにマッチしたホイールリムライニング、ブラックアウトされたパーツなどを特徴としている。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

価格は59万6,200円。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

ステラー

カラーバリエーションは「レッド」「ブルー」「ブラック」の3色展開。タンクカラーとボディパーツカラーが統一されたほか、ハンドルバーやエグゾーストはクローム仕上げとされた。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

リアには快適なバックレストを装備している。価格は60万8,300円。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

スーパーノヴァ

最上位機種であるスーパーノヴァには、ブルーとブラウンの2色のカラーバリエーションが用意された。タンクやボディパーツにはブラックとのツートンカラーが採用されている。

Royal Enfieldによるイージークルーザー新型「Meteor 350」

また削りだしのホイールやプレミアムシート、ウインドスクリーンが装備された。価格は62万2,600円。