LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

LEXUSが新型「NX」を11月以降に発売する。パワートレインはEV普及を加速させるLEXUS初のPHEVをはじめ、HEV、2.5L NA、2.4Lターボといった多様な展開としている。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

新型「NX」の開発コンセプトは「Vital x Tech Gear」。生命的な躍動感(Vital)と先進技術(Tech)を融合したスポーツギアを目指して開発された。また、PHEV導入に伴い、電動車でもLEXUSならではのドライビング体験を提供すべく、駆動力コントロール、空力、軽量化等の基本性能を徹底的に磨き上げている。


LEXUS初のPHEV

2.5L直4エンジン、大容量リチウムイオンバッテリー、フロント・リヤモーターで構成されたシステムを搭載。リチウムイオンバッテリーは総電力量18.1kWhを備え、クラストップレベルのEV走行可能距離約90kmを実現している。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

走行モードは「EVモード」「AUTO EV・HVモード」「HVモード」「セルフチャージモード」から選択可能。「HVモード」では、エンジンとモーターの併用により高い加速性能を実現する。

「AUTO EV・HVモード」では、「先読みエコドライブ(先読みEV/HVモード切りかえ制御)」が機能する。このモードでは、ナビで目的地を設定することで、駆動用電池の残量や道路の属性・特性に応じて自動的にEV走行とHV走行を切りかえ、エネルギー効率の良い走りを実現する。

具体的には、高速道路などにおいては自動的にHV走行に切りかえる。加えてエアコン冷媒を利用した電池冷却システムや、低温時に作動する電池昇温システムにより、電費、燃費を向上させている。さらに、電池パックの搭載位置を車室外床下とすることで、広い室内空間の確保と車両の低重心化を実現した。


LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

6種のパワートレーン

2.5L PHEV E-Four(「A25A-FXS」エンジン+THSIIPlug-in+リヤモーター)

PHEVは、AWD(E-Four)の前後駆動力を100:0から20:80の間で可変。大容量リチウムイオンバッテリーを床下に配置して低重心化も図り、安定した質感のある走りを実現した。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

2.5L HEV E-Four(「A25A-FXS」エンジン+THSII+リヤモーター)

2.5L HEV FF(「A25A-FXS」エンジン+THSII)

2.5L直4エンジンと高出力モーターを組み合わせ、加速性能と低燃費を両立させた。E-Fourは、前後駆動力配分を100:0から20:80で可変。また、FFも導入する。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

2.4L-T AWD(「T24A-FTS」エンジン+Direct Shift-8AT+電子制御フルタイムAWD)

2.4L直4ターボエンジンとDirect Shift-8AT、電子制御フルタイムAWDを採用。トランスミッションは、低回転から高トルクを発生できる過給エンジンの特長に合わせて最適化されたシフト制御技術によって、ドライバーの意図に忠実な加減速、気持ち良いシフトスケジュールを実現している。電子制御フルタイムAWDは、前後駆動力配分を75:25から50:50までシーンに応じて常時可変、高い接地感とリニアなステアリングフィールを独自の技術で両立した。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

2.5L AWD(「A25A-FKS」エンジン+Direct Shift-8AT+電子制御スタンバイAWD)

2.5L FF(「A25A-FKS」エンジン+Direct Shift-8AT)

直4 2.5LエンジンとDirect Shift-8速ATを採用。最適化したファイナルギア比による十分な駆動力と、リズミカルなシフトスケジュールによる走りの気持ち良さを両立している。AWDは前後駆動力配分を100:0から50:50で可変。また、FFも導入する。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

エクステリアデザイン

フロントビュー

グリル面を垂直に立て、ボンネットフードをフロント先端間際まで伸ばし、塊感を強化した。また、直立したグリル面で効率的に空気を取り込むことで、ラジエーターの冷却性能を向上させている。グリルのメッキ枠を廃止してシンプルな構成と軽量化を実現。グリルパターンは、立体感のある縦長U字形ブロックを採用し、下部にはスリット状の開口を設けることでSUVに相応しい力強さを演出している。ヘッドランプは全体を黒基調とすることで、L字型のデイタイムランニングライトを際立たせた。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

 サイドビュー

直立したグリル面に向かうボンネットフードで伸びやかさを表現。また、リヤオーバーハングを短くすることで軽快感を演出した。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

足元では、F SPORT専用アルミホイールを含め、合計6種類のアルミホイールデザインを設定している。

リアビュー

バックドア中央に向けて、スピンドル形状をモチーフに絞り込み、さらにリヤフェンダーがスピンドル形状を挟み込む造形とすることで、リヤキャビン周りの凝縮感とタイヤの張り出しを強調した。リヤコンビネーションランプは、中央に配置した一文字ランプと、左右のL字型ランプをそれぞれ独立させ、組み合わせている。中央に配置されたブランドマークは、従来のL字ロゴから新たなLEXUSロゴに刷新された。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

インテリアデザイン

コックピット

ステアリングスイッチとヘッドアップディスプレイを高度に連携させ、視線移動や煩雑なスイッチ操作をすることなく、運転に集中しながらナビゲーションやオーディオ、ドライブモードセレクトなど、各種機能の制御が可能な空間を実現している。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

ヘッドアップディスプレイとステアリングのタッチセンサースイッチを組み合わせた新たな操作方法「タッチトレーサーオペレーション」を採用。ステアリングのタッチセンサースイッチに触れると、操作ガイドがヘッドアップディスプレイに表示され、視線を前方に置いたままで操作できる。ヘッドアップディスプレイでは表示する情報とレイアウトが異なる3つのモードを用意。運転シーンに合わせてドライバー自らモードを切り替えることを可能とした。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

ステアリングでは握りやすく操作しやすい形状を継承しつつ、ホーンパッドの小型化やスポークデザインの変更によりスポーティさを向上させた。レーンディパーチャーアラート[LDA]の振動システムを、従来のステアリングホイール内蔵の専用モーターを廃止し、EPSモーターを利用したシステムへと変更。ステアリングホイールの慣性モーメントを低減してスッキリとした操舵感を追求した。

ドライバー、パッセンジャーの間取りの比率を工夫することでそれぞれに最適な空間を演出した。メーター及びセンターディスプレイエリアはドライバーの視野を確保し、ドライバーのニースペースは程よくタイトにすることで快適な運転に寄与する。一方、コンソール上面を含むワイドなパッセンジャーエリアは、同乗者にゆとりのある空間を提供している。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

シフトレバーではシフトバイワイヤ機能用を新開発。触り心地や握りやすく操作しやすい形状を追求している。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

後席空間の拡大

前後タイヤを225/60R18インチから235/50R20インチに大径化し、前後トレッドも拡幅。更にリヤ席のヒップポイントを下げることでヘッドクリアランスを拡大し、居住性を高めた。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

F SPORT

「F SPORT」のエクステリアでは、20インチ専用アルミホイール、バンパーロアのスポイラー、存在感のあるフロントサイドガーニッシュなどを設定した。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

インテリアでは、スポーツ走行により適した新開発の専用ステアリングホイールを採用。また、F SPORT専用シートではドライバーの身体により一層フィットする形状を追求している。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

F SPORT専用メーターでは、ドライブモードを「Sport S+」に切り替えるとより走りの高揚感を感じさせる表示レイアウトに移行し、「走りを楽しみたい」というドライバーの気持ちにデザインと機能の両面で応える。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

車両の前後に「パフォーマンスダンパー」を装着。走行中、ボディに生じるしなりや微振動を吸収し、ハンドリングの特性を一層シャープにする。さらに、減衰力切り替え応答に優れたリニアソレノイド式AVSを設定。大きなうねりと細かな凹凸が複合した路面でも、フラットな姿勢の維持とショックの遮断を両立し、優れた操舵応答性、安定感、快適な乗り心地を実現する。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

NX450h+/NX350h/NX350/NX250のメーカー希望小売価格は次の通り。

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ

LEXUSが新型「NX」を発売 - EV普及を加速させるPHEVをラインアップ