昭和のレトロカー約400台が集結 「昭和レトロカー万博2021」11月21日開催

昭和のレトロカー約400台が集結する「昭和レトロカー万博2021」が大阪・舞洲スポーツアイランド 空の広場で、11月21日に開催されます。

昭和のレトロカー約400台が集結 「昭和レトロカー万博2021」11月21日開催

「昭和レトロカー万博2021」は、往年の名車や希少な絶版車両が一堂に会する、関西最大級のレトロカーイベント。いまは目にする機会がほとんどなくなってしまったクルマをもう一度見たいという夢が叶います。また、フリーマーケットや企業が出展するブースなどもあるので、買い物も楽しめます。


昭和のレトロカー約400台が集結 「昭和レトロカー万博2021」11月21日開催

昭和レトロカー万博2021 イベント概要

四輪車両展示エリア

1985年以前に生産された「味のある貴重なレトロカー」たちが勢揃いする昭和レトロカーエリアと、1986年以降に生産された珍車が集まるマニアックカーエリアで構成されています。

昭和のレトロカー約400台が集結 「昭和レトロカー万博2021」11月21日開催

超マニアックな特別車両展示エリア

世界に一台しか現存しない車両や、マニアックな特殊車両・働くクルマが展示されます。

昭和のレトロカー約400台が集結 「昭和レトロカー万博2021」11月21日開催

希少車としては、未登録の新車「日産・グロリア2600GX KH230型(1974年式)」、「トヨタパブリカ700 デラックス トヨグライド(1964年式)」、アメリカ車のテイストを取り入れた新感覚個性派「トヨタ スタウト(1967年式)」、生産販売台数3台!の超希少車「ワイ・エム・モービルメイツami(アミ)(1998年式)」といった国産クラシック車両が展示されます。

昭和のレトロカー約400台が集結 「昭和レトロカー万博2021」11月21日開催

輸入クラシック車両としては、ラリーのためだけに造られたスーパースポーツカー「ランチア・ストラトス(1974年式)」や、旧東ドイツの象徴となる大衆車両「トラバント」などが並びます。

働くクルマとしては、丸屋根・前窓2枚平ガラス・涙目2灯が魅力の「いすゞ自動車 ディーゼルトラックTX552(1962年式)」や、国内唯一のナンバー付きの第二次大戦ハーフトラック「インターナショナル・ハーベスタM9A1 ハーフトラック(1943年式)」などを楽しめます。

インターナショナル・ハーベスタM9A1 ハーフトラック

買い物・飲食エリア

レトロカーの実車販売はもちろん、カー用品、アクセサリー、部品、ケミカル、絶版パーツ、ミニカー、ステッカー、雑誌、カタログなどが販売されます。キッチンカーの出店もあるので、飲食も楽しめます。

昭和のレトロカー約400台が集結 「昭和レトロカー万博2021」11月21日開催

昭和レトロカー万博オークション2021

BHオークション主催の「昭和レトロカー万博オークション」が開催されます。懐かしの車や貴重なコレクタブル・パーツを競り落とす、観ているだけでも楽しいオークションとなります。

昭和のレトロカー約400台が集結 「昭和レトロカー万博2021」11月21日開催

なお、会場での入札に関してはBHオークションの公式Webサイトからの事前登録が必要となります。

実演体験エリア

・ エンジン始動デモンストレーション
希少車、名車のエンジンが始動されます。

・ 神ワザを実演!レストア名人技実演体験
生産中止となった自動車を修復し、元の状態に戻す「レストア」。その熟練の技術を公開実演します。

アワード表彰式

約400台の展示車両の中からアワード車両の表彰コーナーが予定されています。

昭和レトロカー万博2021 開催概要

開催日:2021年11月21日(雨天決行)
開催時間:9時30分から15時30分(閉門16時予定)
開催場所:大阪・舞洲スポーツアイランド 空の広場(大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目1)
入場料:前売/一般:1,500円、当日/一般:1,800円(小学生以下無料)
※会場内で利用できる300円金券付き
入場券の入手方法について詳細は、昭和レトロカー万博2021の公式Webサイトで確認してください。