ホンダ「NSX Type S」発表 - 日本では30台限定での発売

ホンダはスーパースポーツモデル「NSX Type S」を発表した。全世界で350台、日本国内では30台限定で販売される。

ホンダ「NSX Type S」発表 - 日本では30台限定での発売

Type Sは、これまでのNSXを超えるパフォーマンスとデザインを追求して開発された。ダイナミクス性能では、Type Sが目指す加速性能やコーナリング性能、空力・冷却性能などを徹底的に突き詰め、「ドライバーとクルマとの一体感」と「操る喜び」を提供する。


ホンダ「NSX Type S」発表 - 日本では30台限定での発売

デザインはType Sとしての空力や冷却性能など、機能的進化を実現する新デザインとされた。また、限定となる新色マットカラーや特別感を演出する専用パーツ、Type S専用ロゴの設定など、スーパースポーツとしての存在感と魅力にさらなる磨きがかけられている。

NSX Type Sの主な特長

パワートレーン

「NSX Type S」では、エンジンの燃焼効率の向上、高耐熱材ターボの採用による過給圧アップ、冷却性能向上などにより、エンジンのさらなる出力向上を実現。さらにIPU(インテリジェントパワーユニット)のバッテリー出力と使用可能容量を拡大し、システム全体の出力・トルクも大幅に向上させた。

ホンダ「NSX Type S」発表 - 日本では30台限定での発売

運転時の高揚感やドライバーとクルマとの一体感をさらに高めるため、エンジンサウンドのチューニングが施された。また、減速時などで瞬時に適切なギアにシフトダウンできるパドルホールド・ダウンシフトが採用がされている。

ホンダ「NSX Type S」発表 - 日本では30台限定での発売

ボディー・シャシー

フロントタイヤ19インチ、リアタイヤ20インチのグリップ性能の高い専用タイヤを採用するとともに、新デザインの専用鍛造アルミホイールによるワイドトレッド化で、サーキット走行時の限界性能とコントロール性をさらに高めた。

ホンダ「NSX Type S」発表 - 日本では30台限定での発売

インテグレーテッド・ダイナミクス・システム

走行シーンに応じて最適な4つの走行モードが選択可能な「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」は、Type S専用にアクティブ・ダンパー・システム、EPS(電動パワーステアリング)の各制御や、「SPORT HYBRID SH-AWD」の駆動配分制御の見直しを実施した。

ホンダ「NSX Type S」発表 - 日本では30台限定での発売

QuietモードではEVドライブの加速性能向上とEV走行領域を拡大した。「Sport/Sport+」モードでは全輪の駆動制御や姿勢制御を最適化することで、コーナーのターンインから立ち上がりまでドライバーのイメージに限りなく忠実なライントレース性や加速時の高いレスポンス性を実現している。Trackモードでは、サーキットでのハイパフォーマンス走行における高いコントロール性や、エンジンサウンドの一体感を向上させるなど、すべてのシーンにおいてNSX Type Sならではの「操る喜び」を具現化した。

エクステリア

ワイド&ローなスタイリングをより際立たせるアグレッシブな造形とした。前後バンパーは新デザインを採用し、エアロダイナミクス性能の大幅な向上を追求している。

ホンダ「NSX Type S」発表 - 日本では30台限定での発売

限定新色でホンダ初のマットカラーとなる「カーボンマットグレー・メタリック」を含め、全10色のカラーラインアップが用意された。

ホンダ「NSX Type S」発表 - 日本では30台限定での発売

・ カーボンマットグレー・メタリック(新色)
・ ロングビーチブルー・パール(新色)
・ バレンシアレッド・パール
・ ヌーベルブルー・パール
・ サーマルオレンジ・パール
・ インディイエロー・パールII
・ カジノホワイト・パール
・ 130Rホワイト
・ ベルリナブラック
・ クルバレッド

インテリア

インテリアカラーでは「レッド」「オーキッド」「エボニー」の全3色が用意された。シートはカラーバリエーションが一新され、ヘッドレストにはNSXロゴの刺繍が施されている。

ホンダ「NSX Type S」発表 - 日本では30台限定での発売

全国メーカー希望小売価格は2,794万円。申し込み受付は9月2日に開始され、発売は2022年7月となる予定。