電動バイクを思いっきり楽しめる「e-TRAIL PARK」イオン海老名SCにオープン

電動バイク専用のインドアスポーツ施設「e-TRAIL PARK」が“バイクの日”である8月19日に、神奈川県海老名市のイオン海老名SC内にオープンする。

「e-TRAIL PARK」とは、電動バイク向けの新しい遊び場としてデザインされた全天候型屋内施設。原付以上の免許保有者を基本に、条件をクリアした15歳以上であれば利用できる。


電動バイクを思いっきり楽しめる「e-TRAIL PARK」イオン海老名SCにオープン
全天候型屋内施設「e-TRAIL PARK」

走行車両としては、SUR-RONのスタンダードモデル「Light Bee S」や、高いオフロード走破性を持つモデル「Light Bee X」が用意された。

電動バイクを思いっきり楽しめる「e-TRAIL PARK」イオン海老名SCにオープン
SUR-RONのスタンダードモデル「Light Bee S」

電動バイクを思いっきり楽しめる「e-TRAIL PARK」イオン海老名SCにオープン
高いオフロード走破性を持つモデル「Light Bee X」

施設内では初級、中級、上級のコースが設けられており、利用者のレベルに応じてゲーム感覚で電動バイクでの走行を楽しめる。

e-TRAIL PARK 海老名概要

オープン日:2021年8月19日
施設所在地:神奈川県海老名市中央2-4-1 別館1階
営業時間:11時から18時まで
定休日:月曜日
登録料(初回のみ):550円
講習受講料(初回のみ):1,320円
利用料金:1回約20分 1,650円 (電動バイクレンタル料金+コース走行料金)
延長料金:約20分 1,320円
ヘルメット、プロテクターのレンタル:各330円/回
口コミ ランキング:海老名駅