日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

日産自動車はニューヨークで開催された特別イベントで、新型「Z」(米国市場向けモデル)を初公開した。2022年春に米国で発売予定としている。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

米国市場向けの新型「Z」では「Sport」と「Performance」の2グレードが用意されており、どちらのグレードにもVR30DDTTエンジンが搭載され、トランスミッションを6速MTか新開発9速ATから選択できる。また240台の限定生産となる「Proto Spec」が設定され、これには専用の黄色いブレーキキャリパー、ブロンズカラーのアルミホイール、黄色がアクセントの本革シート、黄色のステッチなどが採用される。


日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

パフォーマンス

エンジン

新開発3L V6ツインターボエンジンは最高出力400馬力(405PS)、最大トルク475Nmを発生。出力を大幅に向上しながら、シャープでスムーズなレスポンスを実現した。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

6速MT

6速MTでは、大トルクのVR30DDTTエンジンに対応するため、クラッチディスクとギヤトレインを強化した。また、新設計のシンクロナイザーシステムの採用やシフトプロファイルの変更により、ドライバーの意のままのスムーズなシフトチェンジを可能としている。

9速AT

新開発の9速ATは、幅広いギアレンジにより、ダイレクトで素早いレスポンスを実現する。通勤や高速道路でのロングドライブに最適なスタンダードモードと、ポテンシャルを最大限に引き出すスポーツモードが設定されており、スポーツモードはワインディングロードをキビキビと駆け抜けるのに最適な設定とされている。

ローンチアシスト

日産の後輪駆動車として初めて、クラッチ操作でエンジン回転数を保持し、停止状態からの加速性能のポテンシャルを最大限発揮する「アドバンストローンチアシストコントロールシステム」を搭載した(AT全車、MT車は「Performance」グレードのみ)。

エクステリア

デザインテーマは「伝統と最新技術の融合」。洗練されたエクステリアと、歴代の「Z」へのオマージュを感じさせるデザインを特徴としている。

シルエット

伝統的な後輪駆動のスポーツカーのデザインを踏襲。ロングフードや低重心のリアスタンスなど、初代モデル(S30型)をはじめとする歴代「Z」へのオマージュを込めたシルエットに仕上げた。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

ヘッドライト

ヘッドライトのデザインは240ZG(S30型)を彷彿とさせる2つの半円がイメージされており、新型「Z」のアイデンティティと調和している。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

リアコンビネーションランプは、Z32型を彷彿とさせるデザインに最先端の技術を取り入れ、新たに3DシグネチャーLEDテールランプを採用して「Z」らしさを表現した。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露 -

スポイラー

「Performance」グレードには、リアの浮き上がりを抑えるリアスポイラーを採用した。フロントスポイラーには、GT-Rの開発で培ったノウハウが活かされている。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

ボディカラー

ボディカラーは、モノトーン3色と、新色のセイランブルーとイカズチイエローを含む2トーン6色(いずれもスーパーブラックルーフ)を用意した。

インテリア

センターコンソール

センターコンソールは3つのエリアに分かれており、インストルメントパネル上の3連メーター(ブースト計、ターボスピード計、電圧計)は、ドライバーが見やすい位置に配置された。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

コックピット

コックピットは、日産ドライバー松田 次生選手等からアドバイスを受けてデザインされた。12.3インチ・フルデジタルメーターディスプレイを一新し、エンジン回転計の針が真上を指すと同時に、シフトアップインジケーターが点滅してドライバーにシフトアップを促すなど、重要な情報を一度に表示可能としている。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

シフトレバー・ステアリングホイール

マニュアル、オートマチックともに握りやすさと快適性を追求した。また、深いスポークを採用したステアリングホイールは、ドライバーが素早く操作できるようデザインされている。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

シート

シートは、「GT-R」の開発で培ったノウハウを活かし、ホールド性とフィット感を向上した。シートバックにスエードを多用することで、身体の横ブレを抑えて快適なドライブを実現。コーナリング時の身体の動きも抑制する。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

インテリアカラー

グラファイト、レッド、ブルーの3色を用意。特別限定仕様車「Proto Spec」では、インストルメントパネルのステッチをはじめ、室内の随所に黄色のアクセントを施した。また、シート素材を重ねることでグラデーション効果と立体感を出している。

日産 新型「Z」ニューヨークで初披露

新型「Z」の日本仕様車「フェアレディZ」は、今冬の発表が予定されている。