トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

トヨタは新型「アクア」を7月19日に販売開始した。35.8km/Lの低燃費や心地よい加速がもたらす上質な走りをオーナーに提供する。また、停電時などにクルマから電気を取り出せる非常時給電モードを全車標準装備とした。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

走りと環境性能の両立

バイポーラ型ニッケル水素電池採用

高出力な「バイポーラ型ニッケル水素電池」を駆動用車載電池として世界初採用している。従来型「アクア」のニッケル水素電池に比べバッテリー出力が約2倍に向上したほか、アクセル操作への応答性が向上して低速からリニア&スムースな加速が可能となった。


トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

また、電気だけでの走行可能速度域を拡大したことで、街中の多くのシーンでエンジンを使わず電気だけで走行できるようになった。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

「快感ペダル」搭載

「快感ペダル」をトヨタ初採用。走行モードから「POWER+モード」を選択すると、アクセルペダルを緩めるだけで回生によって減速度を増大させ、滑らかに減速できる。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

「快感ペダル」の活用により、アクセル・ブレーキペダルの踏みかえ頻度を抑えてドライバーの負担を軽減できる。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

35.8km/Lの低燃費

1.5Lダイナミックフォースエンジンとアクアに最適化したHEVシステムにより、コンパクトカークラストップレベルとなる35.8km/Lの低燃費を実現した。

E-Fourならではの走行体験

アクア初となるE-Fourを採用し、雪道でも安心して走行可能としている。

給電機能を全車に搭載

アクセサリーコンセント(AC100V・1,500W)と非常時給電モードを全車に標準装備。停電など非常時には車両駐車時に「非常時給電モード」にすると、電気ポットやドライヤーなどの家電製品が使用可能な非常用電源として利用できる。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

デザイン

プラットフォーム

TNGA(GA-B)プラットフォームを採用し、高いボディ剛性と静粛性に加え安定感のある走りを実現した。日本の道路環境にぴったりなコンパクトなボディサイズはそのままに、ホイールベースを従来型に対し50mm延長。特にリヤシートの居住空間や荷室空間を拡大し、利便性を向上している。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

エクステリア

エクステリアは前後に伸びやかなモノフォルムシルエットのキャビンと、左右に張り出したリアフェンダーの組み合わせとした。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

ボディカラーは、新規開発「クリアベージュ」をはじめ、上質感のある全9色を設定している。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

インテリア

インテリアでは機能をひとくくりに集約し、シンプル・クリーンかつ上質な空間を表現している。またソフトな合皮巻きのオーナメントやアームレスト、便利で快適な合皮パワーシートなど、クラスレスで上質なデザインを採用した。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

その他、ボックスティッシュなどを収納できる助手席アッパーボックスや、充電ケーブルをスッキリ格納できるスライド式トレイ(センターコンソール)を採用し、便利でスマートな収納を実現した。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用

さらに、操作性・視認性に優れた10.5インチ大型ディスプレイオーディオをトヨタコンパクトカーとして初採用している。

メーカー希望小売価格は次の通り。

トヨタが新型「アクア」発売 - 「快感ペダル」をトヨタ初採用