ガーミンのランニングウォッチ
フォアアスリート245

ガーミンのランニングウォッチに新モデル「ForeAthlete 245(フォアアスリート245)」「ForeAthlete 245 Music(フォアアスリート245ミュージック)」が登場した。5月16日より販売する。また「ForeAthlete 945(フォアアスリート945)」も6月上旬に発売予定。

いずれも健康志向の人から本格的なアスリートまで使えるモデルで、ライフログ機能や通知機能などに加えランニング中の緊急時などに選択した連絡先と自分の現在地を共有できる「セーフティ機能」を備える。またガーミン製品らしくリストバンドの付け替えが可能。

ガーミンのランニングウォッチ
フォアアスリート245

ForeAthlete 245は人気機種ForeAthlete 235の後継で、フィットネスレベルを示すVO2 max値、有酸素および無酸素トレーニングの効果、またトレーニングのパフォーマンス状況を分析して、トレーニング不足や過度のトレーニングの表示などを行える。バッテリー稼働時間は、GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大22時間と、従来の最大11時間から大幅に向上した。

ガーミンの「ランニングダイナミクスポッド」
ランニングダイナミクスポッド

別売のランニングダイナミクスポッドとのペアリングにより、ランニングフォームの分析が可能。ウォッチのスクリーン上でも分析を確認できる。自分が休息をすべきか体を動かすべきか、タイミングを示してくれるBody Battery(ボディーバッテリー)の機能も新たに追加している。

ガーミンのランニングウォッチ
フォアアスリート245ミュージック

ForeAthlete 245 Musicは、上記のForeAthlete 245に音楽機能を追加したモデル。LINE MUSIC、Spotify、AWAなどの音楽アプリケーション、またPCなどから最大500曲をウォッチにダウンロードでき、Bluetooth対応のイヤホンとの同期により、スマホなしで音楽が楽しめる。

ガーミンの「フォアアスリート945」
フォアアスリート945

ForeAthlete 945は、マルチスポーツ機能を搭載したForeAthlete 935の後継機種。ランニングダイナミクスや光学式心拍計、トレーニングステータス、フィットネスレベルを示すVO2 max値などの細かいデータの取得が可能。バッテリー稼働時間が、GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大32時間と、従来の最大21時間から大幅に向上した。暑さや高度による順応を表示する機能も追加。新たにカラー地図も搭載する。

新機能として、最大1,000曲をウォッチにダウンロード可能な音楽機能、Visaのタッチ決済により端末に手をかざすだけで決済ができるGarmin Pay機能を搭載する。

ForeAthlete 245は3万4,800円(税別、以下同じ)、ForeAthlete 245 Musicは3万9,800円、ForeAthlete 945は6万9,800円。