軽量小型のミラーレス一眼「LUMIX DC-G99」

軽量、小型のミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-G99」をパナソニックが5月23日に発売する。

「LUMIX G9 PRO」の思想を継承したモデルという位置付け。レンズを除く本体サイズは約130.4×93.5×77.4mm、重さは約536g。ローパスフィルターレス20.3M Live MOSセンサー、ヴィーナスエンジンを組み込み、ボディ内手ブレ補正5軸とレンズ内手ブレ補正2軸協調動作による手ブレ補正システム「Dual I.S. 2」も搭載。約0.07秒の高速AF、秒間約9コマの高速連写が行える。

また新搭載の「ライブビューコンポジット」機能により星や夜景撮影を楽しめる。これに加え本体天面に3つの操作ボタン配置により直観的な操作が可能。さまざまなフィールドで撮影が可能な防塵、防滴仕様。また同じく防塵、防滴仕様の光学10倍ズーム対応の新レンズ「H-FSA14140」が付属、交換用として登場する。

このほか4K/30p動画を時間無制限で内部記録できる。ただし周囲温度が高い場合、自動で撮影が停止する場合がある。4:2:2 8bit信号でのHDMI出力にも対応する。V-Log Lをプリインストールし、広いダイナミックレンジで、シャドウからハイライトまで階調表現を行う。編集時のカラーグレーディングの自由度が向上する。オープン価格だが、店頭実勢は17万8,070円(税込)。