「2台目」テレビにぴったりな「ビエラG300」

地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基内蔵し、別売のUSBハードディスクに裏番組録画ができる液晶テレビ「VIERA(ビエラ)G300」シリーズをパナソニックが4月19日に発売する。32型、24型、19型の3種類。寝室などに置く「2台目」需要向きの製品。

32型モデルでは6軸色補正などの色再現技術により、地上デジタルなどの映像を色鮮やかに再現できるとする。リビングなどの明るい環境での視聴時も映像の細部まで視聴できる。

「お部屋ジャンプリンク」にも対応し、別の部屋のパナソニックの「ディーガ」や「ビエラ(サーバー機能搭載)」で録画した番組をネットワーク経由で再生可能。

ARC対応で、サウンドバーにHDMIケーブル1本で簡単接続できる。タイマー機能や音声読み上げ機能なども備える。

オープン価格だが店頭実勢は「TH-32G300」が5万9,270円(税込、以下同じ)、24型「TH-24G300」が4万8,470円、19型「TH-19G300」が4万1,990円。