パナソニックのヘッドホン「RP-HD300B」

テレビやインターネットの動画視聴、ゲームに適した低遅延コーデック「Qualcomm aptX Low Latency」対応のワイヤレスステレオヘッドホン「RP-HD300B」をパナソニックが4月19日に発売する。

既存のヘッドホンでBluetooth接続時に音の遅延に不満を抱える人向け。音質面では解像感、明瞭感に優れた40mmHDドライバーを採用。低域から高域までバランスの良い豊かな響きを出せるとする。

迫力のある低音が出せる「Bass Enhancer」モードと、ボーカルやセリフもはっきり聞きやすい「Clear Voice」モード、ナランスに優れた「OFF」モードの3種類を選べる。耳元のサウンドモードボタンで切り替えが可能。

さらに2mの着脱式ロングケーブルを付属。有線接続で高解像度のハイレゾサウンドを楽しめるとする。

重さは約218g(コード除く)。バッテリーの連続再生時間は約24時間。本体カラーはマリンブルー、ブラック、マルーンブラウンの3種類。オープン価格だが店頭実勢は1万9,310円(税込)。