デノンの通勤用ヘッドホン「AH-GC30」

デノンの新型ヘッドホンが順次発売となる。ワイヤレス/ノイズキャンセリング型「AH-GC30」、有線/ノイズキャンセリング型「AH-GC25NC」、ワイヤレス型「AH-GC25W」をそれぞれ3月下旬、4月下旬、5月下旬に登場する。

3モデルとも共通の外観デザイン。マット塗装のハウジングやサテンフィニッシュのアルミダイキャストハンガーなどで仕上げ、スーツなど通勤時の服装に合うようにしている。2軸の折りたたみ機構により、使わない場合は小さく収納可能。

イヤーパッドにはハイエンドモデルで好評の形状記憶フォームを採用し、眼鏡をかけていても、テンプル(つる)に合わせてフォームが変形し、こめかみへの圧力によって起こる痛みを和らげる。表面素材は人工皮革となっている。またハンガー部はアルミダイキャスト製。アジャスターでサイズ調整ができる。

最上位モデルAH-GC30のノイズキャンセリング機能は前モデルから刷新。周囲の環境に合わせて「飛行機」「シティ」「オフィス」モードを切り替えられるようになった。

ハウジングの内側、外側にそれぞれ集音マイクを備えるフィードバック&フィードフォワード方式を採用。耳元と周囲、両方の騒音から生成した逆位相の信号によって高精度に打ち消す。

また右側のハウジングを2回タップすると有効になる「周囲音ミックス」機能も搭載。本機の集音マイクで駅や空港などのアナウンスを取り込んで音楽を再生したまま聞ける。

対応コーデックはaptX HDのほかaptX、AAC、SBC。フリーエッジ・ドライバーを搭載。スピーカーと同様に振動板外周をロールエッジで支持する構造で、振動板全域にわたる均一なピストンモーションを可能にし、低歪かつ低域の量感豊かな音響を実現するとする。

ノイズキャンセリング機能とワイヤレス機能を使用した状態で20時間の連続再生が可能。充電時間は約2時間。バッテリーが切れても付属のオーディオケーブルでプレーヤーやスマートフォンと接続すれば有線接続で音楽を再生できる。付属のUSBケーブルでPCに接続すれば、充電しながら音楽を聴ける。

有線モデルAH-GC25NCもノイズキャンセリング機能などの性能は動揺。ノイズキャンセリング機能を使用した状態で約40時間の連続再生が可能。

ノイズキャンセリングを省いたワイヤレス型AH-GC25Wも、aptX HDコーデックに対応するなど上位モデルの特徴を引き継ぐ。フリーエッジ・ドライバーではなく専用のハイレゾオーディオ対応40mmダイナミック型ドライバーを搭載する。バッテリーによる連続再生は約30時間。

いずれもオープン価格だがAH-GC30の店頭実勢は3万9,690円(税込、以下同じ)、AH-GC25NCが2万9,970円、AH-GC25Wが2万5,650円。