リコーの高性能コンデジ「GR III」

小型軽量で高性能のコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」をリコーが3月下旬に発売する。

GRシリーズの高画質や速写性、携帯性を強化するため、レンズ、イメージセンサー、画像処理エンジンなどを一新。APS-Cサイズの大型CMOSイメージセンサーを搭載し、有効約2,424万画素の高精細な撮影が従来機種より一回り小さなボディサイズと約0.8秒の高速起動で行える。

また新開発レンズ「GR LENS18.3mm F2.8」を備える。従来と同じ28mm相当の画角(35ミリ判換算)と開放F2.8の明るさはそのまま、4群6枚の薄型光学系を採用している。

高速ハイブリッドAFや独自の手ぶれ補正機構SR(Shake Reduction)、直感的な操作が可能なタッチパネルなども備える。製品発売後もファームウェアのアップデートによる機能拡張や性能向上を予定している。

スマートフォンと連携するBluetoothおよびWi-Fi、外出先での充電を容易にするUSB Type-Cコネクターもついている。オープン価格だが直販は12万1,500円(税込)。