ホームプロジェクター「EH-TW8400」

3LCD方式のホームプロジェクター「dreamio(ドリーミオ)シリーズ」の新商品をエプソンが販売している。有線モデル「EH-TW8400」、無線モデル「EH-TW8400W」の2種類。

いずれも4K、HDR対応で明るさが2600lm(ルーメン)と従来機種「EH-TW8300」「EH-TW8300W」と比べ100lm増した。HDR(ハイダイナミックレンジ)機能はHDR10に加え、HLG(Hybrid Log Gamma)にも対応し、Ultra HD Blu-rayも4K放送も楽しめるとする。また有線接続時は4K/60p 18Gbpsの伝送帯域にも対応する。

エプソンの4Kエンハンスメント技術を採用し、光の透過率が高いフルHDのパネルを使用することで光を効率的に活用でき、4K相当の解像度を実現しながら明るく色鮮やかな色彩表現が可能。明るいリビングでも映画鑑賞をはじめ、ドラマ、スポーツ、音楽、ゲームなど、臨場感あふれるさまざまな映像を大画面で再生できるとか。

オープン価格だが直販は有線モデルが29万9,980円(税別、以下同じ)、無線モデルが32万9,980円。