ブルーレイ「BRP-UT6UHD/CK」

4K解像度対応の「Ultra HD Blu-ray」の再生に対応したブルーレイドライブをアイ・オー・データ機器が2月下旬に発売する。外付けタイプ「BRD-UT16LX」とポータブルタイプ「BRP-UT6UHD/CK」。

PCに接続して利用する機種で、再生アプリケーション「WinDVD UHD BD」を無料ダウンロードして使える。

ポータブルタイプ「BRP-UT6UHD/CK」はスリムなデザインが特徴で薄型PCと組み合わせて持ち歩くのに適しているとのこと。ACアダプター不要のバスパワー駆動に対応しUSBケーブル1本でつなぐだけで映画を楽しめる。サイズは約136×146×14.6mmで、重さは 約240g。

外付けタイプ「BRD-UT16LX」は、Ultra HD Blu-rayはもちろん通常のブルーレイにも対応し、編集、記録、再生まで行える。1枚のメディアに大容量ファイルが保存できるBDXLや、長期間の保存ができるM-DISCの読み書きも可能。重さは約1.2kg。

外付けタイプ「BRD-UT16LX」
BRD-UT16LX

オープン価格だが直販は外付けタイプが2万4,624円(税別、以下同じ)、ポータブルタイプが1万9,224円。