カシオのアウトドア用スマートウォッチ「WSD-F30」

カシオ計算機は、アウトドア向けスマートウォッチ「PRO TREK Smart(プロトレックスマート)WSD-F30」を2019年1月18日に発売する。

OSにWear OS by Googleを搭載。5気圧防水だが、米軍の物資調達規格「MIL-STD-810G」準拠でマイナス10度までの耐低温仕様。BluetoothR Ver. 4.1 LE、Wi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)を対応する。

スマートフォンなどの電波が届かない環境でも使えるオフラインのカラー地図と、独自のGPS機能があり、各機能を長時間使える「エクステンドモード」を利用可能。1回の充電で最大3日間活動できる。

地図などを高精細に表示する有機ELのカラー画面と、液晶のモノクロ画面を重ねた当社独自の2層ディスプレイを備える。また従来モデルでは時刻のみを表示していたモノクロ画面のレイアウトも一新。高度、気圧、方位の一括表示が可能になった。

スマートフォンとの通信とカラー液晶をオフにしてモノクロ画面で時刻情報のみを表示する「マルチタイムピースモード」もある。時刻情報に加え、高度・気圧などのセンサー情報も同時に表示しながら約1か月の電池寿命を保つ。

ベゼルには樹脂にメタルのような光沢を持たせるナノ加工を施し、バンドの柔軟性を高めるとともに、長さの調節が細かくできるようバンドの穴の数を増やした。

なお「WSD-F30」専用オプション品として、ロングタイプのクロスバンド「WSA-BX1」を同日より取り扱う。通常のバンドよりも長く、アウトドアウェアの上からも無理なく装着でき、快適に使えるとのこと。

希望小売価格はWSD-F30本体が6万1,000円(税別、以下同じ)。クロスバンドWSA-BX1が5,000円。