パナソニックのポータブルSSD「RP-SBD1TBP3」

Thunderbolt 3対応の外付けポータブルSSDをパナソニックが12月19日に発売する。ストレージ容量1TBの「RP-SBD1TBP3」と512GBの「RP-SBD512P3」2モデルがある。

いずれも読み出し最大1,500MB/秒,書き込みは最大1,000MB/秒の高速データ転送に対応する。USB3.1(Gen1)対応のパナソニック従来品より約4倍の高速な読み出しが可能とする。フォーマット形式にeXFATを採用しており、ケーブルをThunderbolt 3インターフェイス搭載PCに接続するだけで使える。

パナソニックのポータブルSSD

102×14.4×48mmのコンパクトデザインで、ポケットやカバンに入れて手軽に持ち運ぶことが可能。アルミダイキャスト製で振動や衝撃に強く、万が一机の上から落としてもデータが破損するリスクが少なく、安心して使えるとする。本体の76cm落下試験を実施しているとあって、パナソニックらしい頑丈さ。

独自の設計によるアルミダイキャスト製法の筐体にすることでより放熱性に優れ、ファンレスを実現しており、静音性にも優れるという。

オープン価格だが店頭実勢は1TBモデルが9万8,064円(税込、以下同じ)、512GBモデルが6万1,344円となっている。