キングジム「ラッケージ」に新モデル
RK30

メモ用紙などを静電気で吸いつけて掲示する卓上ボード「ラッケージ」に、両面吸着可能なパーティション型「RK30」が登場した。12月14日よりキングジムが販売する。軽量な壁かけ型「RK6040FL」も同時に取り扱いが始まる。

ラッケージは吸着面に微弱な静電気を発生させ、ガビョウやテープなどを使わず紙を手軽に貼り付けられる電子機器。

従来は片面だけ静電気を発生させていたが、新製品のRK30は両面に発生させ、どちらにも紙を吸いつけられる。また卓上に設置してパーティションとしても利用できる形状。

同時発売のRK6040FLは、背面に吊り下げ金具がついていてネジやフック、吊りヒモを使って簡単に設置できる。ガビョウやテープ、ノリなどを使わず紙類を掲示でき、小さな来子どもがいる家庭でも安心して使えるとのこと。フレームがない簡素なデザインで、さまざまな壁面に合うとしている。

キングジムの「ラッケージ」新モデル
RK6040FL

ちなみに、いずれも単3形アルカリ乾電池4本で動作する。希望小売価格はパーティション型が9,000円(税別、以下同じ)、壁かけ型が5,500円。