8K対応USBハードディスク「8R-C80A1」

12月から始まる新4K8K衛星放送の録画向けに8K対応USBハードディスク「8R-C80A1」をシャープが11月17日より販売する。

シャープの薄型テレビ「AQUOS 8K」と組み合わせ、新4K8K衛星放送の8K番組と4K番組をそのまま録画できる。約3,300万画素の高解像度の映像を品質を落とさず保存でき、いつでも再生することが可能という。

ストレージ容量は8TB。8K番組を約170時間の蓄えられるほか、ハードディスクへのデータの記録を分散処理することにより、高速での書き込み、読み出しが行えるとする。本体サイズは430×58×232mm。オープン価格だが店頭実勢は14万259円(税込)(税込)。