4K衛星チューナー内蔵ブルーレイレコーダー「AQUOS 4Kレコーダー」

シャープは、BS4K・110度CS4Kチューナーを内蔵したブルーレイレコーダー「AQUOS 4Kレコーダー」2機種を発売する。いずれも11月24日から取り扱う。12月1日より開始予定の新4K衛星放送の視聴と録画、ブルーレイディスクへのダビングが可能。

4K対応テレビと接続して新4K衛星放送の視聴ができるほか、内蔵HDDなどに4K高画質のまま録画できる。録画した番組は、そのままブルーレイディスクへのダビングが可能。

Ultra HD ブルーレイ規格に対応し、高精細な文字と番組や出演者の画像付きの「4Kビジュアル番組表」、解像度の高い子画面と4Kテレビに適した文字フォントで表示する「4K録画リスト」も搭載する。

連続ドラマが手間無く録画できる「ドラ丸」機能や、BDドライブ内部へのチリやホコリなどの侵入を防ぐ耐塵対策、光学性能の改善により耐久性を高めた「ホコリシールドBDドライブ」なども特徴。

オープン価格だが店頭実勢はHDD容量4TBの「4B-C40AT3」が15万1,070円(税込、以下同じ)、2TBの「4B-C20AT3」が11万8,670円。