デノンの新型CDレシーバーシステム「D-T1」

デノンの新型CDレシーバーシステム「D-T1」が登場した。BluetoothとFM/AMラジオチューナーを登載したCDレシーバーに、木製エンクロージャー採用のスピーカーを組み合わせたもの。

デジタル回路、アナログ回路、増幅回路、電源部をブロックごとに分け回路間の干渉を防止する「セパレート・ブロック・コンストラクション」、そして信号経路を最短化し不要な引き回しによるロスを最小化する「シンプル&ストレート・シグナルパス」採用した。

振動を抑制するため上位モデル「RCD-M41」と同様の1mm厚の頑丈なスチールシャーシを採用。電源部にはさらにスチールプレートを追加した2層構造としている。

サウンドチューニングは他製品と同様にデノンのサウンドマネージャーが実施している。通常ミニコンポには用いないグレードの高いフィルムコンデンサーも投入している。

定格出力15W+15WのClass Dパワーアンプ回路を搭載し、プレーヤー部はCD-R/CD-RW再生に対応。またMP3/WMA形式の楽曲も聴ける。Bluetoothを通じスマートフォンやタブレット、PCなどからAAC形式の音源も呼び出せる。

チューナー部はFM 95.0MHzまで受信し、ワイドFM(FM補完放送)によりAMラジオの電波が入りにくい場所でも鮮明な音質で聴ける。光デジタル入力を装備し、テレビやメディアプレーヤーと接続する。96kHz/24bit までの信号に対応し、ハイレゾ音源の再生も可能。

入力信号に一切の加工をせず原音を忠実に再現するソースダイレクト機能や低音と高音を調節して好みの音質にできるトーンコントロール機能を備える。

時刻を本体のディスプレイに表示するクロック機能や予め設定した時刻にCDまたはラジオを再生するアラーム機能を搭載。最大90分まで設定できるスリープタイマーやオートスタンバイ機能も搭載する。

スピーカーには響きの美しい木製エンクロージャーを採用。ドライバーにはソフトドームツィーターと質量と12cm口径のペーパーコーンウーハーを組み込む。また背面にバスレフダクトがある。販売価格は3万5,800円。