G-SHOCKの35周年モデル「MAGMA OCEAN(マグマオーシャン)」

耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の誕生35周年記念モデルとして、地球誕生時のマグマの海を表現した「MAGMA OCEAN」をカシオ計算機が11月16日に発売する。

G-SHOCKを象徴するブラックをもとにレッド、そして35周年を祝う華やかなローズゴールドとイエローゴールドを配している。地球誕生時のマグマの海でおおわれた状態を表現しているとか。節目を迎えるG-SHOCKが起源に立ち返り、これからも新しい価値を生み出し続けるという意思を示すもの。

ベースモデルにはメタルと樹脂を融合させた「MTG-B1000」、サバイバルタフネスを追求した「RANGEMAN(レンジマン) GPR-B1000」、ダイバーズウオッチ「FROGMAN(フロッグマン)GWF-1000」の3モデルを用意している。

特にFROGMANは、1993年に初代モデルが誕生し、今年2018年に誕生25周年を迎えるのを記念し、アイコンとして親しまれている蛙のイラストを時計の各所に配置した。一目では発見することが難しい個所にも隠れており、全部でいくつ存在するかという「蛙探し」もちょっとした楽しみに。

なお3モデルとも、裏蓋には35周年記念ロゴを刻印し、またパッケージも特別仕様となっている。価格は「MTG-B1000TF」が12万5,000円(税別、以下同じ)、「GPR-B1000TF」が11万円、「GWF-1035F」が8万円。