メガドライブ体組成計

往年の人気家庭用ゲーム機「メガドライブ」のデザインを忠実に再現した体組成計「メガドライブ体組成計」の販売が始まった。タニタがセガセガグループとのコラボレーションとして取り扱う。

メガドライブは1988年に発売し、ほかのゲーム機に先駆けて16bitのCPU(中央演算処理装置)を搭載し、画像処理・描画能力の高さから人気を博した機種で、欧米では一時期シェアナンバー1になった。今回登場したのはその発売30周年を記念した製品となる。

体組成計ではメガドライブのもつ立体感のあるフォルムを、本体表面に陰影をつけて描くことで再現した。包装は多くの人になじみのある発売後期のメガドライブのパッケージデザインを採用する。

計測・表示項目は「体重」「体脂肪率」「BMI」「内臓脂肪レベル」。大きさは210×297×25mm、重さは約1.4kg(電池含む)。乗るだけで電源が入り、測定者を自動で識別する。価格は6,000円(税別)。