DJIのドローン「MAVIC 2」

DJIのドローンに新モデルとして1インチセンサーを搭載した「DJI MAVIC 2 PRO」とズームレンズを搭載した「DJI MAVIC 2 ZOOM」が登場した。予約受付中で、8月下旬より出荷開始する。

Mavic 2は、Mavic Proの折りたたみ式デザインを継承しながら、新しいジンバルスタビライザーと、ハイパーラプスやアクティブトラックといった高度なインテリジェント機能を搭載する。新たに搭載した全方向障害物検知システムが、周囲の状況を分析し障害物を検知する。

Mavic 2 ProにはHasselbladのカメラを搭載。10-Bitカラープロファイルに対応した1インチCMOSセンサーは、センサーサイズがMavic Proと比べ約4倍になり、編集作業をより容易。2,000万画素、F値2.8~11の範囲で絞りを調整できる。

Mavic 2 Zoomは1/2.3インチCMOSセンサーを搭載。1,200万画素の鮮明な撮影性能に加え、光学ズームを使って9枚の写真を自動で撮影、合成し4,800万画素の写真を生成する。デジタル2倍ズームと組み合わせフルHD解像度のロスレス動画を撮影できる96mm相当の中望遠を実現した。被写体から離れながらズームインするドリーズーム機能も使える。

販売価格はMavic 2 Proが18万9,000円(税込、以下同じ)、Mavic 2 Zoomは16万2,000円。両モデルとも機体、バッテリー、送信機、充電器、プロペラ(3組)を含む。

オプション品を集めた「Fly More キット」もあり、これは予備バッテリー(2個)、マルチバッテリー充電ハブ、カーチャージャー、バッテリーパワーバンク アダプター、プロペラ(3組)、キャリーバックが含まれ、価格は3万9,000円。