プレデターブランドの新ディスプレイ
リフレッシュレート最大165Hzに

日本エイサーのゲーム向けブランド「Predator(プレデター)」シリーズから、27型ディスプレイの新製品として4K解像度の「XB271HKbmiprz」とWQHD解像度・リフレッシュレート最大165Hzの「XB271HUbmiprz」が登場した。

広視野角IPSパネル搭載で、周囲の枠をできるかぎりなくした「ゼロフレームデザイン」を採用。段差のないフラットな画面で映像に集中しやすい。

ゲームプレイ中のコントローラーの操作が映像に反映されるまでの入力遅延を最小限に抑えるNVIDIAR G-SYNCを搭載。XB271HUbmiprzはリフレッシュレートを高めるオーバーロック機能も備え、通常時最大144Hzのリフレッシュレートを165Hzまで高められる。

ゲームの種類や場面に応じて、映像表示方法をカスタマイズできる「GameViewモード」を搭載。事前に映像表示方法をカスタマイズし3種類まで登録でき、1、2、3の選択ボタンを操作するだけで呼び出せる。

パネルの高さや、角度を最適なポジションに調整できるマルチ対応スタンドを搭載。長時間遊んでも目が疲れにくいEyeProtect技術も備える。

オープン価格だが店頭実勢はXB271HKbmiprzが8万2,944円(税込、以下同じ)、XB271HUbmiprzが8万7,264円。