水深31mで動くコンデジ「LUMIX DC-FT7」
防水ケースが不要

水深31mでも動作するタフなコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DC-FT7」をパナソニックが10月18日に発売する。

マリンスポーツやウィンタースポーツなどアウトドア向き。マリンケースなしで本格的な水中撮影を楽しめる。防塵構造で、高さ2mからの落下試験に合格した耐衝撃性能、耐荷重100kgf、-10度の耐低温と過酷な環境で使える。

高精細な20M高感度MOSセンサーを新たに採用。高感度撮影で起こりやすいノイズの発生を低減し、暗いシーンも高精細で明るくきれいに撮影できる。明るい屋外や海辺、雪山など強い反射光下でも撮影しやすい約117万ドット相当の高解像度ファインダーも搭載する。

4K/30pの品質で最大29分59秒の動画撮影が可能。また秒間30コマ連写で約800万画素の写真に残せる「4Kフォト」モードも備える。動きの速い被写体や、いつ起こるかわからないシャッターチャンスなどをとらえやすいとする。

本体カラーはブラックとオレンジの2種類。オープン価格だが店頭実勢は5万5,000円前後(税別)を見込む。