電車や飛行機で使いやすいマウス「ProPoint」

「ProPoint」は、机やテーブルのない場所でも使いやすいマウス。ニュージーランドクライストチャーチに本拠をおくSwiftpointが開発した。

電車や飛行機で使いやすいマウス「ProPoint」
机やテーブルのない場所でも使いやすいマウス「ProPoint」

キャッチフレーズは「究極のトラベルマウス」。通常のマウスを使用するスペースがなくても、ノートPCのアームレストの上で利用が可能だ。

電車や飛行機で使いやすい「ProPoint」
ノートPCのアームレスト上でマウス作業ができる

これを可能にしたのは、通常のマウスよりも小さなサイズ。通常のマウスの形状であれば、ここまで小さくしてしまうとうまくつかめない。そこで 「ProPoint」では、「Ergonomic Pen Grip Design」と呼ばれる、ペンや鉛筆のようにつかめる形状を採用し、この問題を解決した。

電車や飛行機で使いやすい「ProPoint」
「Ergonomic Pen Grip Design」と呼ばれる
ペンや鉛筆のようにつかめる形状を採用

ペンや鉛筆のようにつかめたところで、アームレストのわずかなスペースでマウスポインタを動かすのが大変であることに変わりはない。これに対応するため、「ProPoint」では通常の3ボタンとスクロールホイールに加え、ジャイロスコープ技術も搭載した。この技術ではマウスを傾けながら操作することで、画面のスクロールや、回転、ズーム、パンなどが行える。

電車や飛行機で使いやすい「ProPoint」
マウスを傾けることで
画面のスクロールや、回転、ズーム、パンを行える

サイズが小さくなると、マウスを無くしてしまいがちに。また、内蔵されるバッテリーのサイズ・容量も小さくなってしまうので、すぐにバッテリー切れを起こしがちになってしまう。「ProPoint」は、ノートPCのモニター背面に取り付ける「パーキングスポット」を用意。このスポットにマグネットで「ProPoint」を貼り付けることで、移動時には「ProPoint」のことを忘れてノートPCを持ち歩ける。

電車や飛行機で使いやすい「ProPoint」
「パーキングスポット」にマグネットで貼り付ければ
マウスを無くさない

バッテリー切れに対策にもぬかりはない。「ProPoint」は、30秒の充電で1時間の利用が可能とされた。フル充電すると最大で4週間利用できるという。また、チャージポート機能のついたUSBレシーバーを付属させた。マウス作業をしないときにはこのレシーバーに「ProPoint」を置いて充電できる。ちょっとした空き時間でこまめに充電することで、いざというときのバッテリー切れを防ぐ。

電車や飛行機で使いやすい「ProPoint」
30秒の充電で1時間の利用が可能

その他、「ProPoint」にはプレゼンテーションデバイスとしての機能も搭載された。

電車や飛行機で使いやすい「ProPoint」
プレゼンテーションツールとしても利用可能に

Swiftpointは現在、彼らにとって3度目となるクラウドファンディングプロジェクトを、Kickstarterで実施している。本稿執筆時点では、126ドルの出資と、24ドルの送料で「ProPoint」を1個入手可能だ。出荷は2018年10月に予定されている。

電車や飛行機で使いやすい「ProPoint」
電車の中でも、仕事がはかどる!