トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ

トヨタ「クラウン」がフルモデルチェンジを受け、6月26日に販売開始された。

トヨタクラウンフルモデルチェンジ
トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ

15代目となる新型クラウンは、車載通信機DCMを全車に標準搭載した初代コネクティッドカーとして登場した。DCMは車両の情報を収集し、トヨタが構築した情報インフラ「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」に送信。この車両データをもとにして、「ドライバーとつながる」「街とつながる」「社会とつながる」サービスが提供される。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
トヨタが構築した情報インフラ「MSPF」と、それを使った各種サービス

「ドライバーとつながる」では、クルマに異常が発生した場合、車両データから車両の状態を診断してオペレーターが車載マイクとスピーカーを通じてアドバイスを行う。また、LINEアプリに自分の愛車を「友だち」として追加することで、LINEアプリのトーク機能でドライブの前に行きたい場所を伝え、車載ナビの目的地にメモリーすることが可能だ。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
「ドライバーとつながる」サービスイメージ

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
LINEマイカーアカウント 利用イメージ

「街とつながる」では、街全体で安全を守っていくことを目指し、ITS専用周波数(760MHz)を活用した「ITS Connect」をオプション設定。見通し外の情報や信号などの情報を、道路に設置されたインフラ設備とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信してドライバーに知らせることで安全運転を支援していく。

「社会とつながる」では、災害時にトヨタがDCM搭載車両等より収集した情報に基づき、通行実績情報を「通れた道マップ」としてWebサイトで無料公開し、被災地の救援活動を支援する。「通れた道マップ」では、直近約24時間の通行実績情報が1時間ごとに更新され、災害地域での移動に役立てることができる。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
「通れた道マップ」イメージ

エクステリア、インテリアのデザインにもこだわった。エクステリアデザインでは、ロングノーズのFRらしいプロポーションと、6ライトウィンドウの採用によるルーフからラゲージにかけての伸びやかで流麗なサイドシルエットを実現した。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
ロングノーズのFRらしいプロポーション

RS仕様では、メッシュタイプのフロントグリル、フロント下部のメッキモールや専用の18インチアルミホイール、4本出しエキゾーストテールパイプ、リヤスポイラー、ドアフレームブラック化などを採用し、スポーティ感を強調した。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
4本出しエキゾーストテールパイプなどでスポーティ感を強調

インテリアデザインでは、運転中でも見やすい遠方配置の8インチディスプレイと操作性を考慮し手前側に配置した7インチディスプレイの2つを連携させた新開発のダブルディスプレイを採用。2画面化を活かしてインストルメントパネル上面を低く抑え、圧迫感の少ない開放的な空間を創出している。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
8インチディスプレイと7インチディスプレイの2つを連携させた「ダブルディスプレイ」

後席は、フロントシート下の足入れスペースを拡大し、足元の心地よさを向上した。シートは日本人の体型に合わせた座面形状の最適化によりフィット性を向上させ、長時間着座時の疲労低減を図っている。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
後席は、フロントシート下の足入れスペースを拡大

内外装色としては、金属感をより強調した新色「プレシャスガレナ」を含む全7色の外板色と、「ホワイト」を含む全4色の内装色を設定した。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
金属感をより強調した新色「プレシャスガレナ」を含む全7色の外板色を設定

パワートレーンは「2.5Lダイナミックフォースエンジン ハイブリッドシステム」「V型6気筒3.5Lマルチステージハイブリッドシステム」「2.0L直噴ターボエンジン」の3種を用意。このうち「2.5Lダイナミックフォースエンジン ハイブリッドシステム」では、最高出力135kW(184PS)、最大トルク221N・m(22.5kgf・m)を発揮するエンジンと、最高出力105kW(143PS)、最大トルク300N・m(30.6kgf・m)を発揮するモーターを採用。走行燃費24.0km/Lの優れた燃費性能と高い動力性能を両立した。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
2.5Lダイナミックフォースエンジン ハイブリッドシステム

「V型6気筒3.5Lマルチステージハイブリッドシステム」は、ハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた機構。V型6気筒3.5Lエンジンと走行用モーター両方の出力を制御することで、低速から力強い駆動力を生み出す。さらに低速域から高速域まで、システム効率の高い動作点を選択し、EV走行領域も拡大することで、走行性能と燃費性能を両立させた。
このシステムでは、最高出力220kW(299PS)、最大トルク356N・m(36.3kgf・m)を発揮するエンジンと、最高出力132kW(180PS)、最大トルク300N・m(30.6kgf・m)を発揮するモーターが採用されている。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
V型6気筒3.5Lマルチステージハイブリッドシステム

「2.0L直噴ターボエンジン」は、最高出力180kW(245PS)、最大トルク350N・m(35.7kgf・m)を発揮。低回転から優れた応答性を発揮し、全域にわたって高いトルクを確保している。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ
2.0L直噴ターボエンジン

予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。また、パーキングサポートブレーキ(静止物、後方接近車両)も装備している。

価格はRS Advanceで579万9,600円。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジ