タニタのにおいチェッカー「ES-100」

からだのにおい調べる機器「ES-100」をタニタが7月1日に発売する。耳の裏など気になる部位に当てるだけで、においの強さをレベル0から10まで11段階で測定、表示する。体臭を意識しはじめる40代から50代の男性ビジネスパーソンが主な対象とか。

からだの「におい」の元となるのは皮膚ガスで、加齢臭、疲労臭、汗臭などが知られる。原因となる成分は数百種類あるというが、タニタでは汗に含む成分を独自のアルゴリズムで推定する。

過去に開発した半導体ガスセンサーによる「ブレスチェッカー」「アルコールチェッカー」のノウハウを応用している。

使い方はセンサー部分を開くと自動で電源が入り、首まわりや頭部、脇などに約10秒間センサーを近づけると測定が終了する。においの強さは0から10までの11段階で判定するが、レベル5を超えるとなんらかの対策を勧める。

大きさは収納時で約94×52×25mmで、重さは約60g。ポケットに収まるサイズで、人と会うときや電車に乗る前など気になったときに使えるとする。センサー部分は2,000回または1年間の測定が可能で、別売りのセンサーカートリッジで交換可能。カラーはブラックのみ。オープン価格だが本体の店頭実勢は1万3,824円(税込)。