「マツダ ロードスター」「マツダ ロードスター RF」が商品改良を受け、7月26日に販売開始される。また、特別仕様車「Caramel Top(キャラメル・トップ)」が「マツダ ロードスター」に設定された。

マツダ ロードスター、特別仕様車「Caramel Top」
マツダ ロードスターに、より気持ち良い加速を楽しめるエンジン搭載
(画像は特別仕様車「Caramel Top」)

「ロードスター」は、現行モデルが4代目となる小型オープンスポーツカー。ソフトトップモデル「マツダ ロードスター」が2015年に、リトラクタブルハードトップモデル「マツダ ロードスター RF」が2016年に国内導入されている。

今回の改良で「ロードスター」に搭載されるガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」は、気持ちの良い加速感はそのままに、環境・燃費性能が向上された。

ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」が改良を受けた「ロードスター」
改良された「SKYACTIV-G 1.5」を搭載した「ロードスター」

インテリアでは、マルチインフォメーションディスプレイ(MID)にグラフィカルな表示が可能なTFTカラー液晶が採用された。

改良を受けた「ロードスター」のメーター
マルチインフォメーションディスプレイ

「ロードスター RF」に搭載されるガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」は、回転系部品の軽量化などにより、全回転域でトルクが向上した。高回転域では出力性能を15%以上高めながら、最高回転数も6,800rpmから7,500rpmに引き上げられている。同時に、燃焼システムの改善により環境・燃費性能も向上させた。

改良を受けたガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」
改良型「SKYACTIV-G 2.0」

インテリアでは、VSの内装色に新色スポーツタンとブラックが追加されている。

マツダ ロードスター RF内装
マツダ ロードスター RF内装(スポーツタン)

マツダ ロードスター RF内装 ブラック
マツダ ロードスター RF内装(ブラック)

「マツダ ロードスター」「マツダ ロードスター RF」の両モデルに、安全技術「i-ACTIVSENSE」装備の多くを標準化し、全機種「サポカーS・ワイド」に対応とした。

特別仕様車「Caramel Top」では、ブラウン色の幌と、新色スポーツタンのレザーシートを備えたインテリアを採用。これまでのロードスターとは一味違う上品なカラーコーディネーションとなった。

特別仕様車「Caramel Top」
特別仕様車「Caramel Top(キャラメル・トップ)」

■特別仕様車「Caramel Top」概要
ソフトトップ「S Leather Package」をベースに、次の特別装備が採用された。
- 新採用のブラウン色の幌
- スポーツタン色のインテリア

特別仕様車「Caramel Top(キャラメル・トップ)」
スポーツタン色のインテリア

- ボディ同色ドアミラー

特別仕様車「Caramel Top」ボディ同色ドアミラー
ボディ同色ドアミラー

- 高輝度塗装16インチアルミホイール

特別仕様車「Caramel Top(キャラメル・トップ)」
高輝度塗装16インチアルミホイール