ジャガー「Fタイプ」2019年モデル

スポーツカー「F-TYPE(Fタイプ)」の2019年モデルと、日本での発売開始5周年を記念した特別仕様車「F-TYPE FREESTYLE」15台が受注を受け付け中だ。

スポーツカー「Fタイプ」

2019年モデルの「F-TYPE」は、スマートフォンと連動するコネクティビティ機能、「リモートプレミアム」、「InControlアプリ」、「プロテクト」を標準装備し、インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を8型から10型に拡大し、操作性と視認性を高めた。

エクステリア・カラーは標準の12種類に加えて、オプションもある。ジャガー・ランドローバーのハイパフォーマンス・モデルやビスポークオーダーを専門に手がけるスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が手掛ける、「SVOプレミアムパレット」18種類がそれだ。

エンジンは、最高出力221kW/300PS・最大トルク400Nmから、最高出力423kW/575PS・最大トルク700Nmまで全5種類がそろう。クーペもしくはコンバーチブルのボディタイプ、トランスミッションのAT/MT、駆動方式の後輪駆動もしくは全輪駆動などを全24通りの組み合わせが可能。

特別仕様車「F-TYPE FREESTYLE」はベース車両に「F-TYPE COUPE 2.0L P300」を採用し、キーレスエントリーやリアビューカメラなどを装備しているほか、「ナルヴィックブラック」5台、「フジホワイト」10台のエクステリア・カラーにユニオンジャック柄のセンターホイールバッジを組み合わせ、価格はベース車両よりも抑えている。

Fタイプの特別仕様車

Fタイプの車両価格は806万円(税込、以下同じ)~19,99万円。F-TYPE FREESTYLEは6,99万円。