ジープ・グランドチェロキーの限定車「スターリング」

SUV「Jeep Grand Cherokee(ジープ・グランドチェロキー)」にシルバーの加飾を施した限定車「Grand Cherokee Sterling Edition(スターリングエディション)」をFCAジャパンが6月9日より125台限定で販売する。合わせて通常モデルにも仕様変更を実施する。

グランドチェロキーのインテリア

「スターリング」とは銀合金を意味し、結婚25周年記念である銀婚式を念頭に、シルバーのアクセントを随所に取り入れた。1993年のグランドチェロキー登場からちょうど25周年にあたる2018年に合わせたロマンティックな発想。

グランドチェロキーの限定バッジ

ベースグレードは「リミテッド」で外観にはシルバーアクセント付のフロントバンパーやフォグランプベゼル、グロスブラックグリルなどを採用。さらにシルバールーフレールや25周年記念バッジ、特製のシルバーエクステリアバッジなどを配する。

グランドチェロキーの限定ホイール

また通常はオプションのデュアルペインパノラミックサンルーフや、専用デザインの20インチアルミホイール、初代モデルのデザインを復刻したレザーシートを特別装備。さらにレザーインストルメントパネルやイリジウムシルバーのインテリアアクセントを追加している。

グランドチェロキーのサンルーフ

同時に行う通常モデルの仕様変更では、従来のLEDクリアランスランプをより光度の高いLEDデイタイム・ランニング・ライトへと変更。被視認性を高めるとともにフロントフェイスの印象を変えた。

これに加えオーディオナビゲーション「Uconnectシステム」を最新世代へ切り替える。新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応し、ラレード、リミテッド、サミットの3グレードでは「オフロードページ」、SRT8では「パフォーマンスページ」を導入。さらにUSBポートを1基から2基へ増設し、スマートフォンの接続や充電をより快適に行えるようにした。

このほかラレード、リミテッド、サミットのインテリアアクセントの色を変更し、ラレードではファブリックシートのデザインも新しくした。リミテッドには逆位相の音をスピーカーから発生させノイズを打ち消すアクティブノイズコントロールシステムも搭載する。

希望小売価格は特別仕様車のスターリングが620万円(消費税込み、以下同じ)。通常モデルはグレード別にラレードが499万円、リミテッドが610万円、サミットが675万円、SRT8が810万円。