江戸切子を生かした腕時計「OCW-S4000C」

ベゼルに日本の伝統技法である江戸切子を用いた電波ソーラーウオッチ「OCW-S4000C」をカシオ計算機が6月8日に発売する。

制作、監修にあたったのは「堀口切子」の江戸切子職人である堀口徹氏。硬度が高く加工の難しいサファイアに、一つひとつ手作業で精緻なカッティングを施している。

ごく細い縞模様である「千筋(せんすじ)」と呼ぶ伝統文様を不連続のパターンにアレンジして施し、朝日が水面に反射する東京の夜明けを表現したとする。カラーリングの工程では、あえて異なる色の蒸着を何度も重ねて深みのある青を出した。

機能面ではスマートフォンを介してタイムサーバーに接続する「Connectedエンジン」を搭載し、標準電波受信機能と合わせて、世界中で正確な時刻情報を受信できる。スマートフォンアプリケーション「OCEANUS Connected」と連携し、時計の利用状況をアプリ内で記録、分析し、充電を促したり磁気の影響を受けている可能性を知らせたりする。10気圧防水で連続稼働時間は最長約18カ月。希望小売価格は20万円(税別)。