ポメラの新モデル「DM30」

テキスト入力に特化したデジタルメモ「ポメラ」の新モデル「DM30」をキングジムが6月8日に発売する。E Ink製の電子ペーパーをディスプレイを採用し、目が疲れにくい仕様となっている。

新機構の観音開きキーボードを搭載。キーボードの開閉と連動して、格納されているキーフットが自動で外部に出て接地面を固定するので、安定したタイピングが可能。キーピッチは横17mm、縦15.5mmとノートPC並みの打ち心地とする。

単3形アルカリ乾電池2本で約20時間稼働する。電池が切れても外出先ですぐに交換できる。なおニッケル水素電池「Eneloop(エネループ)」も利用できる。

ポメラ専用日本語入力システム「ATOK for pomera」を搭載。補助辞書の数を拡充し53種類から選択できるようになった。上位機種の「DM200」と同じくアウトライン機能も備え、見出し一覧と本文の編集画面を分けて表示でき、章立てのある文章作成に便利だ。

作成したテキストデータは、microUSBケーブルやSDメモリーカードを使って本体からノートPCなどへ送れる。作成したテキストファイルをQRコードに変換し、「ポメラ」専用アプリケーションを入れたスマートフォンで読み取ることも可能。無線LAN機能付きSDカード「FlashAir」を入れると、テキストデータを直接専用アプリで読み込める。

外形寸法は閉じた状態で約156×126×33mm。重さは電池抜き450g。本体カラーはダークシルバー。4万3,000円(税別)。