ブルーレイプレーヤー「UBP-X700」

「4K Ultra HD ブルーレイ」「Dolby Vision」に対応したUltra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー「UBP-X700」をソニーが6月23日に発売する。本体を小型化することでより設置しやすくした。

最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」や「DTS:XR(ディーティーエス エックス)」で収録した映像の再生が可能。対応サウンドバーやAVアンプと組み合わせると、劇場のような臨場感あふれる環境を作れるとする。

複数のアンテナを同時に使ってデータ転送を行う無線通信技術「MIMO」に対応したWi-Fi機器を内蔵。安定したインターネット接続を行え、NetflixやYouTube、Prime Videoの4K HDR映像も視聴できる。

またHDR非対応の従来の4Kテレビなどでも、HDR映像を最適化しながらSDR(スタンダードダイナミックレンジ)レベルに変換する独自技術も採用する。4Kアップコンバート機能も備え、24pに加えよりフレーム数が多く高画質の60pのフレームレートの映像まで対応する。

さらに4K Ultra HD ブルーレイの標準規格である「HDR10」に加えDolby Visionにも対応し、Netflixが配信するDolby Vision対応の動画再生で性能を発揮する。

従来の映像・音声信号用のHDMI出力に加え、音声信号専用HDMI出力も搭載。HDCP2.2や4K HDR非対応のサウンドバーとも接続できる。横幅約320mm、奥行き217mと本体を小型化し省スペースで使える。オープン価格だが店頭実勢は3万円前後(税別)となる見通し。