「Purisoo」は、キャンプ、災害時に活躍してくれそうなポータブル浄水器。韓国Purisooが開発した。

キャンプ、災害時に便利なポータブル浄水器「Purisoo」
ポータブル浄水器「Purisoo」

シュコシュコとポンピングすることで水を吸い上げ、フィルターを通してろ過する仕組み。このため、浅い水たまりなど、通常の浄水器を使いにくい場所でも、浄水能力を発揮できる。

キャンプ、災害時に便利なポータブル浄水器「Purisoo」
ポンピングして水を吸い上げ、ろ過する仕組み

ポータブル浄水器の中には、ボトルの内部に汚れた水を入れ、それをボトル口に取り付けられたフィルターを通して飲むという仕組みのものも。だがこの方式では、ボトル内部でバクテリアなどが繁殖してしまう可能性がある。

キャンプ、災害時に便利なポータブル浄水器「Purisoo」
ボトルの内部に汚れた水を入れるタイプの浄水器では
ボトル内部でバクテリアが繁殖してしまう可能性も

「Purisoo」は、汚れた水を吸い上げるときにフィルターを通す。ボトル内部にはろ過済みの水がたまるので、常に清潔に保たれる。

キャンプ、災害時に便利なポータブル浄水器「Purisoo」
「Purisoo」は水を吸い上げるときにフィルターを通す

キャンプ、災害時に便利なポータブル浄水器「Purisoo」
ボトル内部はいつも清潔に

サイズは高さ280.5x直径76.4ミリで、重さは570グラム。フィルターは約1,000リットルの水をろ過できる。

キャンプ、災害時に便利なポータブル浄水器「Purisoo」

Purisooは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、69ドルの出資+15ドルの送料で「Purisoo」を1個入手可能だ。発送は2018年7月に予定されている。