ゴルフクラブ用センサー「Approach CT10」

ゴルフクラブのグリップエンドに装着するとすべてのショットを記録できるセンサー「Approach CT10」をガーミンジャパンが今春発売する。

ガーミンのスマートウォッチと連動し、ラウンド中のショットの位置や使ったクラブ、飛距離を自動で記録する。データはスマートウォッチやスマートフォン向けアプリケーションでリアルタイムに確認できる。

フェアウェイキープ率、パーオン率、パット数を含めたスコア管理、ショットごとの左右へのばらつきも把握でき、さらに1~3パット以上の比率をロングパット、ミドルパット、ショートパット別に可視化できる。

ゴルファーの技術レベルの指標となる「ストロークスゲインド」も確認でき、番手ごとの飛距離や得意なクラブ、苦手なクラブも明確にすることが可能。

対応スマートウォッチは「Approach S60」「Approach S20」「Fenix 5」シリーズ、「Vivoactive 3」「ForeAthlete 935」。販売価格はセンサー14個入りのフルセットが3万9,800円(税込、以下同じ)、3センサーパックが1万2,800円。