イメージイメージイメージ
野菜を楽器に変える「ハニカムミュージックキット」

野菜や果物などを楽器にできる電子工作キット「HoneyComb Music Kit(ハニカムミュージックキット)」。ソフトバンク コマース&サービスのショッピングサイト「+Style(プラススタイル)」が販売している。

野菜や果物、金属製品など身近にある電気を通すものをブロック状のモジュールとつないで楽器の一部にできる。

電力を供給する「パワーブロック」や12個のタッチセンサーが付いた「タッチブロック」、ドラムやオルガンなど16種類の楽器の音源を内蔵した「ミュージックブロック」、音源を出力する「アンプブロック」の4種類を同梱しており、特別な知識がなくてもブロックを組み合わせるだけで楽器が完成する。

具体的には付属するコネクトケーブルを使って「タッチブロック」と野菜や果物、金属製品などをつないでから、野菜などに触れると「ミュージックブロック」で選んだドラムやオルガンなどの音が鳴る。販売価格は1万1,059円(税込)。