デノンのヘッドホンイメージ

ハウジングに天然木を使ったヘッドホン「AH-D5200」を、デノンが4月上旬に発売する。

デノンのフラッグシップモデル「AH-D7200」同様に天然木をハウジングに採用している。ただし詳しくみると、上位モデルのAH-7200がアメリカン・ウォールナット製であるのに対し、新たなAH-D5200はゼブラウッド製。またヘッドバンドにシープスキンを用いず、人工皮革のみとするなどの差がある。

ゼブラウッドは縞模様が美しくかつまた硬度が高く、透明感がある緻密な音響再生に向くとする。上位モデルのAH-D7200と同じく50mm径のドライバーを採用。スピーカーと同様に振動板外周をロールエッジで保持するフリーエッジ構造によって振動板全域にわたる均一なピストンモーションを可能にし、入力信号に正確かつ低域の量感豊かな音を出せるとする。ハイレゾ音源に対応する。

ヘッドバンドには頭部のカーブに合わせて最適なフィット感が得られる形状記憶フォームを採用。ハンガー部にはアルミダイキャストを用いて長期間の利用に耐える信頼性を確保した。ケーブルは4N OFC、両出し、3m、3.5mmステレオミニプラグが使える。

オープン価格だが店頭実勢は6万5,750円(税込)。ちなみに上位モデルのAH-D7200は8万6,551円。