37.5型の曲面ディスプレイ「38WK95C-W」

37.5型の曲面ディスプレイ「38WK95C-W」をLGエレクトロニクス・ジャパンが4月5日に発売する。

ゲームなどで遊びやすい21:9型の横長仕様で、解像度は3,840×1,600ドット。フレームは幅は最も細いところで2.5mmと狭額縁デザイン。Picture by Picture機能によってPCやブルーレイプレーヤー、ゲーム機などの映像を同時に2つ表示させることも可能。

IPS液晶パネルを採用し、99%超のsRGBカバー率を特徴の1つとしている。視野角は178度、輝度は300cd/平方メートル、コントラスト比は通常1,000:1、最大500万:1、応答速度は5ms。工場出荷前にキャリブレーションも実施し、安定した色合いに調整している。

HDR10の表示に対応し、SDRの映像もHDR画質に変換して表示する。4K映像向けのHDCP2.2規格ににに対応し、インターフェイスとして備えるHDMI、DisplayPort、USB Type-Cすべての端子で4K映像を60Hz表示できる。

このほかにも多くのゲーム向け機能を備える。AMDのFreeSync対応APU/GPU搭載のPCやグラフィックカードと接続した際にティアリングやスタッタリングを抑えるAMD FreeSync技術、映像信号を画面に表示するまでのタイムラグを抑えるDAS(Dynamic Action Sync)モード、暗いシーンの視認性を高めるブラックスタビライザーなどだ。

ブルーライトを低減する「ブルーライト低減モード」、フリッカーを抑制する「フリッカーセーフ」機能もある。さらに85Hz 以下の低音域を再現する10W+10Wのステレオスピーカーを搭載する。Bluetoothでスマートフォンなどと接続して外部スピーカーとしても使えるとうたう。希望小売価格は16万5,000円前後(税別)。