スーパーチタニウム採用のスマホ連携アナログ腕時計「W770」

スマートフォンと接続するアナログ腕時計「シチズン エコ・ドライブ Bluetooth W770」の新モデルが4月に発売予定だ。ケースやバンドの素材としてキズに強いスーパーチタニウムを採用している。

太陽光などを受けて動作する「光発電エコ・ドライブ」を採用。従来モデルと同じくBluetooth 4.0に準拠しており、専用アプリケーションを入れたiPhoneやAndroidスマートフォンと接続し、現在位置の時刻を自動修正するほか、アプリの地図の任意の地点をタップあるいは都市名を入力すると世界316都市の時刻に修正可能だ。

アラームを設定したり、メールやSNS、電話着信の通知を音や振動、針の動きで知らせたりするよう設定できる。スマートフォンが見当たらないとき、腕時計の操作から音を鳴らして探せる。

さらに新モデルはシチズン独自技術により、純チタニウムに表面硬化技術を施しステンレスの5倍以上の硬さを持たせたスーパーチタニウムを採用。キズに強く、軽く、つけやすいとする。ケースデザインは流れるような曲線を意識した有機的な形状。インデックスを見返しリング上へ配置し、文字盤に立体感を作り出すと同時に、文字板上のレイアウトを変更し視認性を向上した。スモールダイアルを中心に描く同心円状のパターンはBluetoothの電波を表す。バンド素材などの異なる5モデルがあり、希望小売価格は8万~10万5,000円(税別)。