ヘッドホンのイメージ

防水設計で激しい運動をしても外れにくいワイヤレスイヤホンをパナソニックが4月20日に発売する。LEDライトつきの上位モデル「RP-BTS55」、LEDなしの下位モデル「RP-BTS35」という2種類がある。

スポーツなどでは需要が高まっている、ケーブルのわずらわしさがなく運動に集中できるワイヤレスヘッドホン。Bluetooth Ver.4.1に準拠する。さらにIPX5相当の防水設計により汗をかいたり、突然の雨でも使える。15分の充電で約70分再生が可能なクイックチャージ対応。フル充電時の連続再生は約6時間。

耳の形に合わせて変形可能なフレキシブルイヤークリップを採用し、装着時の安定性を増している。LEDライトつきの上位モデルは周囲からの視認性が高く夜間に走る際などに適している。また接続機器の音声アシスタント機能を起動して選曲などの楽曲操作や電話の発信も音声で操作ができる。

なお対応コーデックはSBC。上位モデルはAAC形式の音源も再生できる。ドライバーユニットは直径9mm。重さは上位モデルが22g、下位モデルが21g。

オープン価格だが店頭実勢は上位モデルが1万円前後(税別、以下同じ)、下位モデルが8,500円前後の見通し。