手帳型タブレットケース

収納したままタブレットを360度回転させて使える手帳型タブレットケースをエレコムが3月下旬より販売する。

7.0~8.4型向け「TB-08360」シリーズと、8.5~10.5型向け「TB-10360」シリーズの2サイズがある。ケースをスタンドとして使えるほか、タブレットの固定部分を360度回転させ、動画を見るときは横向き、縦に長いWebサイトを開くときは縦向きといったように、使い分けられる。ケースに装着したままアウトカメラを使った撮影なども可能。

タブレットは、四隅をシリコンバンドでしっかり固定でき、ケースのフラップ部分は、使わないときは液晶画面部分をカバーできる。フラップはマグネット付きでワンタッチで簡単に留められ、移動中などに不用意に開きにくくなっている。

またフラップ内側には溝が付いていて、スタンドとして使った際にタブレットの角度を細かく調整できる。フラップの内側には、片手でタブレットを操作するための「ハンドホールドベルト」も備している。これに加えフラップを含むケース内側には、本体を傷つけにくい起毛素材を採用。

ケース背面には、タッチペンを差し込んで持ち運べる便利なホルダー付き。タブレットをケースに装着したままケーブルを接続して充電も可能。

7.0~8.4型向けはブラック、ブルー、レッドの3種類、8.5~10.5型向けはブラックとブルーの2種類。オープン価格だが店頭実勢は7.0~8.4型向けが3,218円(税込、以下同じ)、8.5~10.5型向けが3,758円。