パーティゲーム「DON'T STEP IN IT(踏んじゃだめだ)」
犬のフンを踏まずにゴールまで歩く「DON'T STEP IN IT」

「DON'T STEP IN IT(踏んじゃだめだ)」は、犬のフンを踏まずにマット上をゴールまで歩くゲーム。米国ロードアイランド州ポータケットに本拠を置く大手おもちゃメーカーHasbroが開発した。

「ツイスター」にも似た家族や友だちと楽しめるパーティーゲーム。ツイスターではスピナーを回転させ、左右の手足を針の指示した色のコマの上に置く。「DON'T STEP IN IT」でも同様にスピナーを使用。目隠しをした参加者がスピナーで出た数字の数だけ、マット上を前進する。マット上には犬のフンを模した障害物があるが、渡り切るまでに踏んだフンの数が少ないプレイヤーが勝ちとなる遊びだ。

参考画像:「ツイスター」
参考画像:「ツイスター」ゲーム

家族や友だちと楽しめる「DON'T STEP IN IT(踏んじゃだめだ)」
「DON'T STEP IN IT」でも「ツイスター」同様
スピナーを使用する

「ツイスター」ではプレイヤーの無理な体勢や、面白いポーズを見て楽しむが、「DON'T STEP IN IT」ではプレイヤーが犬のフンに似た障害を踏んだときのリアクションを楽しむ。スマートフォンゲームやテレビゲームなどでは視覚や聴覚が活発に刺激されるが、触覚が刺激されることはない。「DON'T STEP IN IT」は、その触覚が刺激される、皮膚感覚で楽しむゲームだ。

家族や友だちと楽しめる「DON'T STEP IN IT(踏んじゃだめだ)」
「踏んじゃだめー!」

人体に無害な素材で作られたねんどと、犬のフン型が付属。このフン型にねんどを入れて、ゲームで使う障害物を作る。「最初からフンの形の障害物を付属させればよいのでは?」と思った人もいるだろう。だがゲームの直前に作られた、できたての新鮮なフンを使うことで、よりリアルな感触を足裏で味わえるそうだ。その他、マット、目隠し、スピナーが付属する。

家族や友だちと楽しめる「DON'T STEP IN IT(踏んじゃだめだ)」
画像左下にあるのがフン型
ゲームをするたびに、作りたてのフンを楽しめる

家族や友だちと楽しめる「DON'T STEP IN IT(踏んじゃだめだ)」
その他、目隠しなどが付属

米国人は普段、部屋の中でもクツを履いて生活している。犬のフンはもちろんだが、そもそも素足で直接何かを踏むという経験があまり多くない。それだけに素足で直接犬のフンを踏む時の衝撃は大きく、その分ゲームも盛り上がるという。

米国のAmazon.comから購入できる。価格は19.99ドル。日本への送料が別途8.69ドル必要となる。

家族や友だちと楽しめる「DON'T STEP IN IT(踏んじゃだめだ)」
犬が、なんだか憎たらしい?