LEXUS、新型クロスオーバー「UX」を公開

LEXUSは2018年ジュネーブモーターショーで、新型「UX」を公開した。日本での発売は、2018年冬頃に予定されている。

コンセプトは「Creative Urban Explorer(CUE)」。新たなライフスタイルを探求する「CUE(きっかけ)」になることを目指した、都会派コンパクトクロスオーバーだ。

LEXUS、新型クロスオーバー「UX」を公開

エクステリアでは、縦方向に厚みをもたせたボディにより、安心感のあるタフな力強さを強調。さらに、キャビンの中心から、タイヤに向かって前後のフェンダーが張り出した構成とした。GA-Cプラットフォームの採用による低重心化とタイヤの大径化で、俊敏な走りを予感させるプロポーションとしている。

LEXUS、新型クロスオーバー「UX」を公開

三眼LEDヘッドランプの上部にアローヘッド形状のクリアランスランプを配置。また、スピンドルグリルはブロックメッシュ形状としている。

LEXUS、新型クロスオーバー「UX」を公開

リヤコンビネーションランプは、左右一体の翼形状とし、両端を立体的な縦フィン造形にすることで、操縦安定性に寄与する空力性能を確保。また、アーチモールも整流効果の高い形状としている。

LEXUS、新型クロスオーバー「UX」を公開

インテリアでは、クロスオーバーでありながら、低いドライビングポジションとステアリングを中心に配置した操作系により、ドライビングの高揚感を演出するコクピットを実現した。

LEXUS、新型クロスオーバー「UX」を公開

フロントシートには、伝統的な刺繍技法である「刺し子」をモチーフとしたキルティングや、ベンチレーション機能を持つパーフォレーションを採用するなど、機能とデザインを両立。また、和紙のような質感を表現したインストルメントパネル上部のオーナメントなど、LEXUS独自の日本の美意識を取り入れたデザインを採用している。

LEXUS、新型クロスオーバー「UX」を公開

新開発の直列4気筒2.0L直噴エンジンや2.0Lハイブリッドシステムをはじめとする最新のパワートレーンを搭載。ライントレース性の高い俊敏な走りを追求した。

直列4気筒2.0L直噴エンジンでは、高速燃焼による世界トップレベルの熱効率を実現しながら、小型化・軽量化を実現。優れた動力性能と環境性能を両立するとともに、高回転域まで軽快に回る爽快な加速フィーリングと心地良いエンジンサウンドを実現している。

直列4気筒2.0L直噴エンジンと組み合わせた新開発のハイブリッドシステムは、モーターによるアシストとエンジン回転数を最適化し、優れた燃費性能に加え、気持ちの良い加速フィーリングを実現した。

“F SPORT”では、グリルメッシュとサイドグリルをブランド統一の新しいFメッシュパターンとした。ボディ下部は、フロント・リヤバンパー下部の漆黒メッキと専用アルミホイールとの組み合わせでダークトーンにコーディネートされている。さらに“F SPORT”専用のシートやステアリング、メーターを採用するなど、スポーティさを強調する内外装とした。

LEXUS、新型クロスオーバー「UX」を公開

LEXUS、新型クロスオーバー「UX」を公開

LEXUS、新型クロスオーバー「UX」を公開