アダプターのイメージ

DisplayPortをHDMIまたはVGAポートに変換できるケーブル「KC-DPHDA20」「KC-DPVA20」をサンワサプライが販売している。 

DisplayPort付きのPCやタブレットを、HDMI/VGAインターフェイスを持つディスプレイ、テレビに接続できる。接続したディスプレイを拡張モードに設定すればデスクトップが2画面分に広がり、大きな作業領域を確保でき、表計算、事務処理やグラフィック関連などの作業に適している。

接続したディスプレイをミラーモードに設定すれば、ノートPCと同じ画面を接続したディスプレイに表示でき、プロジェクターなどの大画面を手元で確認しながら操作できるため、プレゼンテーションに向く。

別途アダプタや電源などが不要なケーブルタイプで、1本だけで配線できる。コネクター周りの空間がすっきりする。

HDMIポート用の「KC-DPHDA20」は、最大3,840×2,160ドットの4K/60Hz解像度に対応している。DisplayPortからの音声出力に対応した機種の場合は、HDMIポートを通した音声入力も行える。VGAポート用の「KC-DPVA20」は最大1,920×1,200ドットの解像度に対応する。

販売価格はHDMIポート用が5,400円(税込、以下同じ)、VGAポート用が4,860円。