ラベルプリンターのイメージ

Android OSを搭載したラベルプリンター「FLEQVR FX3-LX」をサトーが3月5日に販売開始する。業務用で、原則として家電量販店などには出回らないが面白い製品。

OSにAndroid 7.1を採用し、ラベル発行アプリケーション「e-Labe」を標準搭載するスタンドアローン型。7型タッチパネルを搭載し、直感的な操作によりPCなどとつながずラベルを発行できる。

132×225×161mm、重さは2.5kgで持ち運びが可能。衛生面と耐久性にもすぐれた設計とする。インターフェイスはUSB 2.0 High Speed、LAN、NFCなどで、幅広い外部機器と接続できる。オプションでBluetoothなどにも対応する。スマートスピーカーと連携させ、音声操作も可能。

Android搭載機の特徴としてラベルデータのアップロード、ダウンロードが行えるクラウドサービス「SATO App Storage」が利用可能だ。プリンターの稼働状況を常時遠隔で見守る保守サービス「SOS(SATO Online Services)」も5年保証とのセットで使える。

オープン価格で、販売価格は代理店などによって異なるが数十万円程度となる見通し。