ディスプレイイメージ

フルHD(1,920×1,080ドット)解像度のディスプレイ3機種を日本エイサーが3月3日より順次販売開始する。27型「ED272Abix」、 23.8型「K242HYLbmid」、21.5型「HA220Qbi」だ。

色再現性が高く、視野角におる色変化の少ないIPS方式パネルを採用。パネルを囲む枠を薄くし、段差のない平坦な画面にした、映像に集中しやすいベゼルレスデザインを志向した。より躍動感があり幅の広い映像を表示する。

液晶ディスプレイのLEDバックライトが輝度調節のために目に見えない速さで明滅(フリッカー)を繰り返すのを抑え、ブルーライトを抑える機能も備える。

HDMI端子とミニD-Sub入力端子を搭載し、PCはもちろん、ゲーム機やレコーダーなどのAV機器とも接続しやすい。職場だけでなく家庭でも使いやすいとする。

また21.5型は側面がわずか6.6mmと最薄設計。すっきりとした形状で、周辺のインテリアにも馴染みやすい。

オープン価格だが店頭実勢は27型が2万3,544円(税込、以下同じ)、23.8型が1万8,144円、21.5型が1万5,984円。